まちづくり・お宝バンク

お宝No.104
共に子どもを育み、豊かな地域をつくる、スポーツ少年団活動の活性化

提案者:  京都市スポーツ少年団(本部長 鴨志田 泰彦) (東山区)

一昨年度、創設50周年を迎えた京都スポーツ少年団は、市内各地域の子どもたちのスポーツ・運動活動の普及・振興に取り組んできており、京都創生の観点から、今後さらに地域に根差し、地域に開かれた活動を一層活性化することによって、子どもたちのスポーツで人々をつなぎ、子育てしやすい豊かな地域づくりに貢献していきたい。

<具体的な取組提案>

(1)地域との連携

単位団によっては、地域団体に所属し、地域活動に参画・貢献している団もあるが、京都市スポーツ少年団として、各団に地域との連携・協力、各種の地域行事への参加・貢献度などを奨励し、全市的に地域での認知度を高め、公共団体としての信頼を高め、診断員の加入促進などにつなげ、地域づくりに役立ちたい。

(2)学校との連携

団員を対象とした各種イベント等を学校に案内したり、地域の児童の参加機会を設けるなど、学校との連携・協力を諮り、より一層開かれたスポーツ少年団活動を展開し、児童・保護者、教職員等における認知・信頼を高め、教育活動の一環としての貢献度を高めたい。

(3)広報活動の充実

京都市スポーツ少年団として、全市的な活動内容や登録団・指導者などの紹介、団員の募集案内や体験入団の取組などを定期的にPRする広報誌を作成し、学校や地域団体を通じて配布・周知することで、市民における認知・信頼度の向上を図り、各地域での活動の活性化に役立てたい。
(①主体的取組型)

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.104 登録情報
提案者 京都市スポーツ少年団(本部長 鴨志田 泰彦)
提案者の区分 その他 
提案者の所在地 東山区 
提案の区分 特定テーマ以外 
提案のカテゴリー その他  教育 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
住み続けられるまちづくりを パートナーシップで目標を達成しよう 

ページの先頭へ