まちづくり・お宝バンク

お宝No.108
現代アート特区 超京都(art town META-KYOTO)構想

提案者:  超京都実行委員会 (下京区)

「現代アートは東京では売れるが、京都では売れない」と言われてきた。

しかし、東京で評価されるアート作品・アーティストの多くは京都発である。

本提案は、行政と恊働し、現代アートに特化したアート街をつくり、現代アートの産地=京都に

マーケットを創出および日本の現代アートの玄関口にする構想。

市内の特定の地域に「アート特区」をつくる。

詳しくは、こちらをご覧ください⇒「現代アート特区 超京都 構想」企画書
(③提案・参加希望型)

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.108 登録情報
提案者 超京都実行委員会
提案者の区分 市民グループ・地域団体 
提案者の所在地 下京区 
提案の区分 特定テーマ以外 
提案のカテゴリー 文化・芸術 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
住み続けられるまちづくりを 

ページの先頭へ