まちづくり・お宝バンク

お宝No.123
みんなで“子どもと一緒のお出掛け”が、楽しくなるまちづくりをしよう

提案者:  京都(^o^)/にこわく(篠原 幸子)

 人口減少が進む中、子育てしやすい街づくりは必須です。

 私たち、京都(^o^)/にこわくは、 「子どもも大人もにこにこ(^^)わくわく育つ〜子どもがいきいき育つような社会(地域もおやじも企業も行政もそれぞれが子どもに関心を持ち活発に活動する)」の実現にむけて、まずは、乳幼児とその家族および妊娠中の女性が、気軽に出かけやすいまちづくりの仕組みを提案することを目的に2009年より活動しています。

 子どもと一緒に出かけやすい環境づくりモデル形成事業として「にこにこステーション」(他都市の先駆事例では「あかちゃんの駅」等)事業を行っています。

 これは、商業・公共施設と連携して<授乳場所・おむつ替え場所・子ども用トイレ>提供施設の認定と情報発信を行っているものです。

 他にも、 多様な市民の参加でつくりあげる子育て啓発イベント「にこわく(^0^)/フェスティバル」や、パパやプレパパが集う「パパバル」なども開催しています。

(③提案・参加希望型)

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.123 登録情報
提案者 京都(^o^)/にこわく(篠原 幸子)
提案者の区分 市民グループ・地域団体 
提案の区分 特定テーマ以外 
提案のカテゴリー 子育て 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
ジェンダー平等を実現しよう 住み続けられるまちづくりを 

ページの先頭へ