まちづくり・お宝バンク

お宝No.141
温もりの心で地域に思いやりを!

提案者:  京都市地域女性連合会(会長 佐伯 久子) (中京区)

 京都市地域女性連合会が“となりのおばちゃん復活”を合言葉に立ち上げた「温もりの電話相談事業」は、地域コミュニティが希薄化する中、どのような相談にも親身に耳を傾け、少しでも相談者のお役に立てればと取り組みを続けて早17年目を迎えました。

 開設当初は、冠婚葬祭時の儀礼等、「生活」に関する相談が最も多く、育児不安等の「子育て」に関する相談も多く寄せられていましたが、昨今は、心身の健康や対人関係に関する深刻な相談もしばしばです。

 私たちは、親身に話を聞く身近な“となりのおばちゃん”の役割を担い、電話相談事業の実施を通じて培ったノウハウやカウンセリングマインドを、地域における子育て支援活動や様々なふれあい事業等に波及させて、これからも温もりの心で地域にやさしさや思いやりを育んでいきたいです。

(4 私たちこんな取組をしています(情報提供)!)

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.141 登録情報
提案者 京都市地域女性連合会(会長 佐伯 久子)
提案者の区分 市民グループ・地域団体 
提案者の所在地 中京区 
提案の区分 特定テーマ以外 
提案のカテゴリー その他  子育て  福祉 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
住み続けられるまちづくりを パートナーシップで目標を達成しよう 

ページの先頭へ