まちづくり・お宝バンク

お宝No.178
小劇場文化活性化への提案

提案者:  特定非営利活動法人 劇研 (左京区)

 私たちは、アトリエ劇研という民間の小劇場を運営しています。約30年続いたその小劇場は現代演劇や現代ダンスの専用劇場として約30年にわたり、数々の催しを行い、多くの著名な舞台芸術家が育ちました。

 しかし、2017年8月末をもって閉館せざるをえないこととなりました。こうした小規模の劇場は、実験的な作品や、若い駆け出しの芸術家が主に上演を行う場所であり、そうしたことからも「人材育成」機能を担う場所です。一般の人から縁遠いかもしれませんが、この場所から多くの人が知っている、日本の現代舞台芸術を牽引するような著名な人材が数多く育ってきました。

 

 世界ツアーを行うようなグループや、大規模の劇場で活躍する才能がいきなり育つわけではありません。私たちの運営するような小規模の劇場で研鑽を積み実力を高めることで、ファンが増え、または専門家に認められ徐々に「メジャー」となって行くのです。そうした小劇場の機能をインキュベーター(孵卵器)と言ったりしますが、まさに才能の卵を孵す働きがあってこそ次々と新たな才能が広く世に出て行き、そういう状況が続くことで都市の「文化力」が下支えされているのです。

 私たちは、これからもインキュベーターとして、ここ京都の文化力向上のために働きたいと考えています。「アトリエ劇研」が閉館することへの多くの惜しむ声を背中に受けつつ、「アトリエ劇研」の機能を引きつぐ新たな場所との出会いを強く求めています。不特定多数の人が訪れることができ、場内の音が外に干渉しない、または外の音が中に干渉しない、かつ採算が取れない劇場運営に見合う安い賃料の物件を市内の比較的交通の便がいいところに探すことは、高いハードルかもしれません。しかし、京都市の協力を得ることでいいご縁が生まれることを祈りたいと思っております。

<特定非営利活動法人 劇研のホームページはこちら>

 http://www.gekken.net/npo/

(2 私たちの力を貸します!)

進捗状況・成果

ラジオ番組「Let’s KYO Together~今日からはじめる、京からはじまる~」に出演!

2017年4月24日

毎週日曜日にエフエム京都で放送中のラジオ番組「Let’s KYO Together~今日からはじめる、京からはじまる~」に出演いただき、特定非営利活動法人劇研の活動等についてお話しいただきました。(平成29年4月23日放送)

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.178 登録情報
提案者 特定非営利活動法人 劇研
提案者の区分 NPO 
提案者の所在地 左京区 
提案の区分 特定テーマ以外 
提案のカテゴリー 文化・芸術 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
住み続けられるまちづくりを 

ページの先頭へ