まちづくり・お宝バンク

お宝No.219
フィルムアートを活かしたまちの小さな拠点を活用しませんか

提案者:  一般社団法人京都映画芸術文化研究所 (中京区)

私たち一般社団法人京都映画芸術文化研究所は、2015年5月18日国際博物館の日に「おもちゃ映画ミュージアム」を開館しました。 玩具映写機とフィルムに特化した映画博物館は世界でも類例がなく、光学玩具、マジックランタン(幻灯機)、写真といった映画前史に位置付けられるものを多く収集・展示していることから、国内外の研究者が訪れ「文献で知っているが実際に見たことがなかったものに、触ってみることができる」と喜んでおられます。もちろん専門家だけでなく、小さな子どもから大人まで幅広い世代の人々に、映画の歴史を知ってもらい、その楽しさを味わってもらいたいと願っています。映画とアニメのまち京都から次世代にフィルムアートを残す拠点として、より多くの人々にこの場所を活用していただきたいです。

・展示をガラス越しに見るだけではなく、実際に触ってもらい、デジタルではわからない「なぜ静止画が動いて見えるのか?」「どのような構造になっているのか?」その原理や働きを手で触れて学ぶことができます。

・日本では戦前に作られた無声映画はほとんど残っていません。そうした中で玩具映画として切り売りされたアニメーション、チャンバラ映画、ニュース映像を発掘し、復元、保存してきました。そうした貴重な映像を、地域イベントや授業などで出張上映もできます。場合によっては活弁と生演奏付き上映も可能です。

・型染京友禅をしていた町家を活かした天井が高い雰囲気のある建物です。30名ほど収容のイベントにぜひご活用ください。

・映像、映写機など所蔵品の貸し出しも常時受け付けています。

・8㎜、9.5㎜、16㎜、35㎜玩具フィルムなどお手元に古いフィルムがあれば、映写機にかけてご覧いただくことも可能です(事前予約が必要です)。

・交流と情報交換の場として、「作品上映会」「語り場」「アニメ―ション製作などのワークショッ プ」「研究発表会」など、子どもから大人までが楽しめる場の運営支援をおこないます。

・映画に関する資史料を保存し、次世代へ継承するための活動をしています。劣化が進行しているフィルムの救出は待ったなしです。「見る道具がないから」「DVD化したから不要」と捨ててしまう前にぜひご相談ください。

訴えたいのは「フィルムを捨てないで‼」。お問い合わせは、「おもちゃ映画ミュージアム」ホームページのお問い合わせ フォームからお願いいたします。

 

【昔の国産アニメーション,チャンバラ映画などの出張上映をおこないます】
・上映時間,料金はイベントの規模に合わせて調整いたしますので、遠慮なくご相談ください。

・戦前の無声映画ですので,音声付をご希望の方は生演奏,活動写真弁士付き上映も可能です(いずれかだけの出演も可。出演者への謝金が別途必要です。料金要相談)

・映写機に触れて,アニメーションの仕組みを体験できるワークショップもできます。お気軽にご相談ください。

 

<おもちゃ映画ミュージアムのホームページはこちら>

http://toyfilm-museum.jp/

 

<動物園で開催したワークショップの報告ブログ>

http://toyfilm-museum.jp/blog/column/6030.html

進捗状況・成果

梅津北児童館にて「無声映画上映会」を開催しました

2018年10月31日

 

 

平成30年8月18日に,梅津北児童館にて「無声映画の活弁上映会」を開催しました。

今回は,活弁士 大森くみこさん,ピアノ演奏 天宮遥さん,アニメーション・アーティスト 秋山好正さんをお迎えし,昔のアニメーションに活弁と生演奏を付けた特別版として,梅津北児童館の企画で実施していただきました。

ワークショップでは「どうして、静止画が動いて見えるのか?」を体験してもらう簡単な玩具工作をしました。①2枚の紙に少しだけ異なる絵を描き、上の紙を鉛筆で巻いて延ばしてを繰り返すと、パラパラ漫画のように動いて見えるマジックロール。

②白い円盤の表と裏に絵を描き、両サイドに付けた紐または輪ゴムで引っ張って回転させると、絵が重なって1枚の絵に見えるソーマトロープ。

③ドラムの周囲に連続した絵を描き、スリットから覗きながら回すと、絵が動いて見えるゾートロープ。 ④円盤に描いた連続した絵を、鏡に映して回しながらスリットから覗くと、絵が動いて見えるフェナキスティコープ。

4種類の玩具を作って静止画が動いて見える面白さを体験した後、実際に35㎜フィルムを装填したおもちゃ映写機で映写体験をしてもらいました。デジタルが普及した今日では、「どうしてアニメーションができるのか」がわかりにくくなっています。こうしたアナログ工作を通してその仕組みが小さなお子さんにも理解できたと思います。

先生たちの事前の心配をよそに、子どもたちは思うがままの絵を手際よく描いて、楽しんでくれました。

無声映画の活弁をしてくださった大森くみこさんは,

「今回は15分ほどの短い時間で、 昭和一ケタ代の漫画映画(アニメ)を見てもらいました。

初めて見る音のない映画、はじめは弁士や生演奏に「これはいったい何だろう?」という表情の子供たちでしたが、興味津々の様子でした。「楽しかった。またやってほしい!」と帰りの笑顔が嬉しかったです。この体験が夢の種のようなものになってくれると嬉しいなぁと思います。」と,仰っていました。

 

おもちゃ映画ミュージアムでは,子供たちに昔ながらのアニメーションや映画について興味関心をもっていただく機会をつくれたらという想いで,活動の場を探しています。

第11回祇園天幕映画祭にて今年も「京都ニュース」を上映しました

2018年7月24日

平成30年7月15日,祇園祭で歩行者天国になる四条通り祇園にて毎年開催されている「祇園天幕映画祭」で,今年も「京都ニュース」上映をおこないました。

◆今年の上映内容◆

1960年「シーズンを前に−観光京都の表情−」

1960年「都市部に駐車場−四条烏丸・先斗町−」

1963年「阪急地下鉄四条河原町乗入れ」

1963年「祇園祭山鉾巡行」

1963年「第10回京都市民映画祭」

1964年「市電のニューフェイス 朝は連結・昼はワンマン」

1964年「新幹線試運転」

1964年「聖火」

1965年「“都市づくり”すすむ」

1965年「四条大橋高欄新設設計決まる」

1965年「デラックス駐車場完成」

1965年「五条大橋の噴水」

1965年「京都産業会館(市電市バス案内所・市バスセンター・京都中小企業指導所)」

1966年「世界の檜舞台完成(国立京都国際会館)」

1966年「史上最大の山鉾巡行」

1966年「ようこそ皇太子夫妻」

 

「もの凄く貴重な映像だ」「懐かしい」「面白い」といった感想がいくつも聞かれたそうです。

今年は,実行委員の学生さんとスタッフが上映作品を選定し,見出しに英訳タイトルを付けたそうで,より多くの人に興味を持っていただけたようです。

活動ブログ

1/19(金)19時~「ハナシと昔映像のコラボ実験」三代目桂花團治「咄して観よかぃ」開催します

2018年1月4日

日本の映画発祥の地・京都で,おもちゃ映画ミュージアム所蔵の玩具映画の映像と噺のコラボレーションでお送りするイベントのお知らせです。

今月は,「ハナシと昔映像のコラボ実験」と副題を付けた三代目桂花團治師匠による「咄して観よかぃ」(全6回シリーズ。1,2回目は終了)が開催されます。お勤め帰りの人にも足を運んで貰いやすいように、金曜日夜開催です。

1月19日(金)19時~開催する第三回目は、歴史小説家の木下昌樹さんをゲストにお招きして「侍、そのプライドと実像」をテーマに開催します。

桂花團治さんの熱のこもった落語の実演もございます。今回の演目は「佐々木裁き」。こちらも、どうぞお楽しみに‼入場料2,000円。会場は,おもちゃ映画ミュージアム(中京区壬生馬場町29-1)です。

【お申し込み・イベントの詳細はこちら】

夏まつりで昔の国産アニメーション上映をします!

2017年7月7日

一社)京都映画芸術文化研究所(おもちゃ映画ミュージアム)が所蔵している,80年~90年前の国産アニメーションの出張上映を地域イベントで行います。

同時開催で,昔の映写機に触ってアニメーションの仕組みを体験できるコーナーもあります。ぜひお出掛けください。

◆平成29年7月8日(土)15:00~19:30

松原通の駅~2017夏の夜市~

会場:田中直染料店ガレージ(下京区)

「おもちゃ映画de玉手箱」

(時間をあけてくりかえし上映します)

◆平成29年8月5日(土)16:00~19:00

有隣まつり

会場:旧有隣小学校(下京区)

子供コーナーにて活弁士上演付きの映画上映!

 

「うちでも上映会をお願いしたいなぁ」という方は,おもちゃ映画ミュージアムまでお気軽にお問い合わせください。上映時間,料金はイベントの規模に合わせて相談にのってくださるそうです。

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.219 登録情報
提案者 一般社団法人京都映画芸術文化研究所
提案者の区分 その他 
提案者の所在地 中京区 
提案の種類 私たちが取り組みます!  私たちこんな取組をしています(情報提供)! 
提案の区分 特定テーマ以外 
提案のカテゴリー 文化・芸術 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
住み続けられるまちづくりを 

ページの先頭へ