まちづくり・お宝バンク提案

お宝No.234 昭和31年~平成6年頃京都市が制作した「京都ニュース」フィルムの保存・活用プロジェクト

提案者:  (一社)京都映画芸術文化研究所 おもちゃ映画ミュージアム (中京区)

京都市歴史資料館倉庫に保管されている数多くの「京都ニュース」フィルムは、昭和31(1956)年から平成6(1994)年頃まで市役所が制作したものです。京都市内の映画館で本編作品の前にニュース映像として上映されていました。市政ニュース映画としては全国初の取り組みで、そこには、市内の季節の風物、祭りなど多岐にわたる市内のトピックスが記録され、京都市の歴史的な証言として、まさに「お宝」に位置付けられると思います。つきましては、チームを組み、フィルム映像の内容を調査し、次世代に継承できるよう保存を進め、広く市民の共有財産として活用できるような環境を整えていくよう提案します。

 

さらに、2019年9月1~7日に日本で初めて開催される「国際博物館会議(ICOM )京都大会 2019」(世界約140の国と地域から3年に1度集まって開かれる世界博物館会議。会員数約3万5千人)を絶好の機会ととらえて、京都市のお宝である「京都ニュース」映像を積極的に活用することも提案します。

進捗状況

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 1 件

ご意見・応援 フォーム

  • お世話になります。認知症予防として、高度成長時期の映像を見ることにより。予防できます。VRでのソフト開発を試みたいです。
お宝バンクナンバー 234
提案者 (一社)京都映画芸術文化研究所 おもちゃ映画ミュージアム
提案のカテゴリー 地域活性化  文化・芸術 
提案者の区分 その他 
提案者の所在地 中京区 
提案の種類 取組を提案します。取り組む際には協力します!  私たちが取り組みます! 
提案の区分 特定テーマ以外 

ページの先頭へ