まちづくり・お宝バンク提案

お宝No.238 祇園祭りを体感しながら地域に貢献できる「岩戸山ソーシャル寄町」に参加しませんか

提案者:  岩戸山ソーシャル寄町 (下京区)

「岩戸山ソーシャル寄町」は,祇園祭期間に,実際に山鉾町の一員としてお祭りの運営を体験することで、祇園祭をもっと身近に感じてもらうことを目的に,2016年(平成28年)に岩戸山町内で働く若手を中心に設立した団体です。

 

京都では、能や座禅、お茶などの日本伝統文化の体験をする場や機会はありますが、祇園祭を内側から体験してみるというチャンスはめったにありません。岩戸山では、もともと近隣の町内みんなに祭りに参加・協力してもらっていた「寄町(よりちょう)」を現代に蘇らせ、町内に拘らず広く門戸を開き、祇園祭に関わっていただける方を毎年募集しています。

 

また高齢化や住民の減少している岩戸山町を取り巻く時代の変化にあわせ、岩戸山ソーシャル寄町での経験を通じて将来的に町の山鉾保存活動にも積極的に関わっていただける方との出会いを増やしたいと考えています。千年以上の歴史をもつ祇園祭りの運営を継承し続けられるように、一人でも多くの方にお祭のことを愉しみながらより深く知ってもらう機会として役立てていきます。

 

平成29年度も岩戸山ソーシャル寄町メンバーを募集しております!
登録フォームはこちら
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe-QnLGIwegbiWGnya2qsfcBDUnSFMdjGAdPAkgvx9AAcMRZA/viewform?c=0&w=1

 

【寄町とは…?】
昔から祇園祭のハイライトである「山鉾巡行」は、山鉾を維持・運営する各町内が主体となっており、その町のことを「町(ほこちょう)」といいます。鉾町は鉾を組み上げる「鉾立(ほこたて)」、祇園囃子を街中に響かせる「宵山(よいやま」、そして「巡行」といった主要な祭りの神事や行事を受け持ってきまし た。人的にも経済的にも負担のかかる山鉾巡行のために、鉾を持つ町内だけでなく近隣の町からも様々な支援を受けることが不可欠で、そうした協力を担う町内を「寄町(よりちょう)」と呼び、山鉾の運営に欠かせない重要な助けとなってきました。(※明治5年に寄町制度は廃止されています)

 

【岩戸山ソーシャル寄町の参加対象】
多様な人々の考え方や仕事の進め方に目を向け、学び、実践できる人材を求めています。
祭りの裏方体験を私たちと一緒に楽しんで、岩戸山を支えていただける方を募集します。

■条件
・高校生以上の個人でご自分の責任で活動していただける方
・説明会や勉強会に参加できる方
・メールによる連絡が可能な方
(申込受付後、メールで連絡します。)
※活動の様子は写真や動画で記録し、広報等に使用することがあります

■待遇
・ボランティア保険が適用されます(参加者への負担はありません)
※活動は無償であり、交通費・アルバイト料等の支給はありません
・行事は日によって内容が違います。参加できる日に合わせて活動内容は調整いたします。

◆主な活動内容(例)
・山立(やまたて)の飾り付け補助
・飾り粽づくり体験,岩戸山の歴史勉強会開催
・曳き初めへの参加、参加者のサポート
・神事行事のための設営や片付け、交通整理
・見物客への説明や案内要員
・宵山期間に設置する物販補助
・岩戸山運営の歴史の聞き書きプロジェクト
・岩戸山(祇園祭)を盛り上げる企画も募集します

◆参加者サポート
・宵山期間の浴衣レンタル・着付けサービス
・食事補助あり

■参考:京都 祇園祭 岩戸山facebookページ
https://www.facebook.com/iwatoyamacho/

進捗状況

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝バンクナンバー 238
提案者 岩戸山ソーシャル寄町
提案のカテゴリー その他  地域活性化  文化・芸術  観光 
提案者の区分 市民グループ・地域団体 
提案者の所在地 下京区 
提案の種類 私たちが取り組みます! 
提案の区分 特定テーマ以外 

ページの先頭へ