まちづくり・お宝バンク提案

お宝No.240 「認知症にやさしいまちづくり」のためのランニングイベント ~ RUN伴~

提案者:  高齢者福祉施設西院 河本歩美 (右京区)

RUN伴は、認知症の当事者も含めた参加者全員がタスキをつなぎ、走って日本を縦断するイベントです。今年で7回目の開催となり、京都市内でも毎年何チームかが参加していますが、イベントの認知度が低く、参加者が少ないという現状があります。

 

今年度は、私たちの福祉施設が京都市内の実行委員となっており、このイベントを多くの方に知っていただくとともに、参加チームを増やしたいという思いで広報活動に取り組んでいます。

 

RUN伴を多くの方に知っていただき,認知症のことを自分ごととして捉え、参加・応援していただくことにより、新たな出会いやつながり、活動が生まれます。このイベントの開催により、「認知症にやさしく、誰もが暮らしやすいまちづくり」を目指します。

 

RUN伴の開催日は10月22日(日)で、7月3日~8月31日まで参加者のエントリーを受付中です!

 

RUN伴へのエントリーはこちらから ⇒ スポーツエントリ―(外部サイトに移動します)

進捗状況

  • 「RUN伴」を開催しました 2017年11月10日

    平成29年10月22日(日)に「RUN伴」を開催しました。

     

    RUN伴とは、認知症になっても暮らしやすいまちづくりを目指して取り組むランニングイベントです。今年は京都府全体で520名の参加者があり、うち50名ほどが認知症の当事者の方です。

     

    イベントでは、認知症の人もそうでない人も誰もが一緒にランニングを楽しむ事ができました。当日は、大型台風が直撃となり、悪天候の中、「何とかタスキを次に繋ぎたい!」という思いで決行しました。

    このような思いを参加してくださったランナーの皆さま、中継地や応援などでご協力いただいた商店街などの皆さまも同じように感じてくださっていたようで、みんなの気持ちをひとつにすることができました。

    京都市内では、最終ランナーを門川市長と認知症当事者の曽根勝さん、花園大学の学生さんに担っていただき、河原町三条~ゼスト御池までの商店街を華やかに駆け抜けていただきました。

    ゴールイベントでは、当事者の曽根勝さんが「認知症になって失望していたが、こんなに楽しい事ができる!夢みたい!」とお話くださり、会場のみんなの胸が熱くなりました。このように曽根勝さんも感じられた想いをRUN伴を通して私たちが知ることがこの取組をする大きな意味ではないかと思っています。

    この後、私たちがつないだタスキは山口県へつながります。全国みんなが同じ思いでつながっている事に心強さを感じます。

    RUN伴はイベントで終わるのではなく、この後、どのように行動するかが重要です。さあ、今からが何かが変わるスタートです!市民の皆さんも自分たちに何ができるか、何をしていくか、一緒に考えていきませんか。

     

    終わりに、ご協力いただいた皆さまにこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

    報告:RUN伴実行委員会

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝バンクナンバー 240
提案者 高齢者福祉施設西院 河本歩美
提案のカテゴリー 福祉 
提案者の区分 その他 
提案者の所在地 右京区 
提案の種類 私たちが取り組みます!  私たちこんな取組をしています(情報提供)! 
提案の区分 特定テーマ以外 

ページの先頭へ