まちづくり・お宝バンク提案

お宝No.251 京都の景観を守り、写真で魅力を発信!

提案者:  景観を考えるフォトグラファーの会 (下京区)

私達は、京都でロケーション撮影を行っているフォトグラファー有志の会です。
近年、前撮りなどロケーション撮影が増えていますが、地域住民の皆さんやお店を営業されている方の妨げになるような撮影も一部に見られます。
京都の魅力的な景観を守っているのは、地域の住民や事業者のみなさんです。私達は、撮影時のマナーを向上させ、景観の保全にも地域と連携して取り組みながら、私達の写真を通じて、京都の魅力を発信していきたいと思います。

進捗状況・成果

  • 撮影マナーの向上に向けて,事業者の会合に参加しました 2018年2月21日

    景観を考えるフォトグラファーの会は,お宝No.275祇園新橋景観づくり協議会に協力し,撮影マナーの向上に向けて,事業者を集めた会合に参加しました。協議会から国内事業者60社に呼びかけ,うち37社が参加。協力機関として,京都女子大学,お宝No.105NPO法人京都景観フォーラムも参加しています。行政からも,京都府警,京都府観光政策課,京都市観光MICE推進室,東山区役所が参加しました。

    協議会から,地域で問題となっている実状を地元住民へのアンケート結果や画像も用いて説明し,業界での自主的なルールづくりを検討してほしいことなどの提案がありました。
    事業者からは,1件あたりの撮影時間の短縮や機材の持込をしないなどのアイデアや,この会合に参加していない事業者や海外からのカメラマンなどのマナー問題などの指摘もありました。
    景観を考えるフォトグラファーの会も,撮影マナーの向上に積極的に取り組むことを表明し,またともに取り組む事業者へ会への参加を呼びかけました。今後,協議会と事業者が連携して,マナー向上に向けた仕組みづくりを進めていくことになりそうです。

    会合の様子

  • 市民ライター講座で,取組を紹介いただきました 2018年2月21日

    景観を考えるフォトグラファーの会は,市民ライター講座に参加,市民ライターの方にインタビューを受け,紹介記事を書いていただきました。その紹介記事は,以下です。

    リンク:写真は美しい。でも、それを撮るあなた自身は?「景観を考えるフォトグラファーの会」とともに考えてみましょう!

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝バンクナンバー 251
提案者 景観を考えるフォトグラファーの会
提案のカテゴリー 景観  観光 
提案者の区分 企業関係 
提案者の所在地 下京区 
提案の種類 私たちが取り組みます!  私たちこんな取組をしています(情報提供)! 
提案の区分 特定テーマ以外 

ページの先頭へ