まちづくり・お宝バンク提案

お宝No.271 “みんなごと”“お互いさま”がもっとひろがる社会を目指して,歌のパフォーマンスをお届けします  ~「ヘルプマーク」を知ってほしくて♪ 歌・手話・ダンス・トークetcで~

提案者:  ピア・パレード おぐら ひろみ (右京区)

内部障害や難病,人工関節や義足の使用,妊娠初期,その他様々な要因で,外見からはわからない配慮を必要としている方々が,周囲の方に配慮を必要としていることを知らせるために付けている「ヘルプマーク」をご存知ですか?

京都市でも市バス・地下鉄全車両に啓発ステッカーやチラシが貼られ,ヘルプマークを付けていらっしゃる方々への配慮を促す取りくみが進んでいますが,まだまだ「ヘルプマーク」が何を意味するのかを知る人は多くはないようです。また,公共交通機関等で下を向いてケータイに集中していると「ヘルプマーク」に気がつかないということもあります。

 

日本各地でマークの導入がされていますが、導入するだけで終わってしまいそうで、それは残念なことです。

私自身も外見からは分かりにくい線維筋痛症の激痛に日々悩まされ,うつ病不安障害を抱えながらも,たくさんの多様な人たちに歌やパフォーマンスを届け,“みんなごと”の輪をひろげる活動をしています。

「自分には関係ない」と思っていても,誰もが不慮の事故・病などで周囲の配慮が必要になることが無いとはいえません。また,一般には知られておらず外見からも分かりにくい病気や障害を抱える方々もいらっしゃいます。知らない・分からないことを排除せず,「こうあるべき」と決め付けず,みんなが“お互いさま”を意識し,様々なしんどさを抱える人々に自ずと配慮できることや、コミュニケーションが当たりまえな社会になればという想いがあります。

 

私は,線維筋痛症の激痛で外出もままならず、日々耐えるのではなく,外に向けて大好きな歌を披露して喜んでいただけることは自身を癒す方法でもあると気がつき,楽しんでくださる歌と踊りのパフォーマンスを通して,みんなができることを提供しあえる機会を大切にしたいと思って取りくんでいます。

・歌のパフォーマンス(手話や踊りをつけることを変幻自在に♪)

・コーラス、合唱団の歌に手話表現を。

・運動との融合、演劇との融合

・ご要望に合わせた幅広いジャンルに対応します

・「ヘルプマーク」普及のお話

・線維筋痛症について。

・痛み、について。心についてのこと。心と体をリラックス、リフレッシュするためのあれこれ。居心地のよい居場所づくり。ひきこもりのこと。いじめ、のこと。話してください。聞かせてください。

臨床心理士や医療の仕事を目指す方々、医療関係者の方々、子供たち、若い人たちにお伝えしたいこと、知ってほしいことがたくさんあります。

私には素晴らしい夫が付き添ってくれていますので、夫に相談などもいかがですか。

いろんな話をしてみませんか。そしてお聞かせくださいね。

出演依頼も随時受付けています。企画される方の希望にあわせて対応しますので,お気軽に「ご意見・応援フォーム」からお問い合わせください。

 

「ヘルプマーク」を付けた配慮を必要とされている方々の多くは身体のしんどさからとにかく「座りたい」と思いつつなかなか周囲に言い出せずにいらっしゃる方も多いようです。突発的な災害の時には支えてほしい。すべての人が“お互いさま”の心で外出しやすくなるために,みなさんも,外出先で少し顔をあげて周囲を見回して“みんなごと”として感じてみませんか♪

 

ヘルプマークについて

http://www.pref.kyoto.jp/shogaishien/helpmark.html(「ご存知ですか?ヘルプマーク」(京都府))

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝バンクナンバー 271
提案者 ピア・パレード おぐら ひろみ
提案のカテゴリー 福祉 
提案者の区分 市民グループ・地域団体 
提案者の所在地 右京区 
提案の種類 私たちが取り組みます!  私たちこんな取組をしています(情報提供)! 
提案の区分 特定テーマ以外 

ページの先頭へ