まちづくり・お宝バンク

お宝No.293
障害のある子のお金教育

提案者:  お金で学ぶさんすう (下京区)

当団体で実施している事業は主に下記の4つになります。

①現金を使えるようになるためのトレーニング(低年齢・中度~重度知的障害児)

②一ヶ月分の生活費のやりくり講座、および当事者向けの家計指導・支援

③食材の買い物も含めた調理実習講座

④①~③の講師養成講座

 

調理実習講座を実施する理由は、お金のやりくりと食べ物が似た特性を持っているからです。生活することそのものを「食べて行く」と表現する、お金を稼ぐ手段である仕事を「食べる手段」と表現するなどの言葉にも表れています。なおかつ、調理は切る・量るなど数や形・量を体感しながら学べるため、算数をはじめとした教科学習にも向いています。以上の理由で、当団体ではお金と料理を「教材」と捉え、生活力を身に付けながら、数や計算、お金を学ぶ講座を実施しています。

 

これからの時代はどんどんキャッシュレス化が進むことが予想されます。障害のある方ご本人にとって、買い物が身近で簡単なものとなる一方、トラブルも増加しています。お金の教育は、今後、益々重要になると考えています。障害者(児)支援の現場では、この課題が急務です。まずは最も必要とされる方に正しいお金の教育を届けることで、支援者、保護者、特別支援教育に関わる先生方に心豊かなお金の使い方と考え方を普及させます。

 

そうすることで、お金教育の重要性が広がる突破口を開き、学校教育へのお金教育普及を目指します。心もお金も豊かで健康な日本を作るための教育が日本中に浸透することで、心豊かな人生を送る力を持った人を日本中に増やします。

 

【ホームページ】 ⇒ http://okane-sansuu.com/

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝バンクナンバー 293
提案者 お金で学ぶさんすう
提案のカテゴリー 子育て  福祉 
提案者の区分 市民グループ・地域団体 
提案者の所在地 下京区 
提案の種類 私たちが取り組みます!  私たちこんな取組をしています(情報提供)! 
提案の区分 特定テーマ以外 

ページの先頭へ