まちづくり・お宝バンク

お宝No.30
「すり足カップ」~能楽を楽しく学ぶ~(仮)

提案者:  「キモノスタート」プロジェクト(西森 寛)

【現在 活動休止中です】
私たち、「キモノスタート」プロジェクトとは「はじまり」「むすぶ」「育つ」をキーワードに、熟練者と初心者とのコミュニケーションを大切にし、日常の着物を通じて、京都で、楽しく豊かな暮らしを送るきっかけとなることを目標にしています。「キモノスタート」プロジェクトの目指す未来

・日常生活の中で「着物」が選択肢の一つとなる。

・京都で日常的に「着物」を着ているシーンが増える。

・京都の伝統産業や文化に触れる機会が増え、現代人が失いつつある、手間暇をかける時間を自分で作る

ことができ、日本の昔ながらの所作や季節感を感じることのできる豊かな心を育む。

【企画名称】 「すり足カップ」~能楽を楽しく学ぶ~(仮)

【企画目的】

能と狂言に親しみを持ち、担い手だけでなく、観賞者や支える人材を育てる。

【概要】

毎年1月に、能楽師より今年のお題を発表し、お題にちなんだ「喜怒哀楽」の所作、声やことばを含めてのすり足と着物の所作を競うトーナメントを開催します。

エントリー料金として、能楽ワークショップやキモノスタート参加費1回分の嗜み(修行)チケットをプレゼントすることで、より能動的な参加をねらいとします。

9月の地域杯では、装束を含めた着物での出場を基本として、優勝者だけでなく、コーディネート部門や盛り上げ賞などの副賞をもうけ、京都のほんまもんの技でつくられた記念品を贈ります。

その後も、地域ごとに開催していき、2020年の東京オリンピック開催年には、地域及び能楽師選抜チームが雌雄を決する「京都杯」の開催を目指します。

この「すり足カップ」を通じて、一人でも多くの方に、着物を日常生活の中に取り入れていただければ、幸いです。

日常着物の保管のためのシェアスペースや気軽に日常生活を着物で過ごせる和の空間があればいいなと思っています。

町家の観光客向けの宿泊施設はありますが、なかなか料金的にも日常的に手の届きにくいこともありますので、オフシーズン等で活用できたり、空き家や空きスペースを活用できたりとご協力いただける企業様や個人団体様を探しています。
(①主体的取組型)

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.30 登録情報
提案者 「キモノスタート」プロジェクト(西森 寛)
提案者の区分 市民グループ・地域団体 
提案の区分 特定テーマ以外 
提案のカテゴリー 文化・芸術  産業 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
働きがいも経済成長も 

ページの先頭へ