まちづくり・お宝バンク提案

お宝No.300 テクノロジーで一人ひとり学びを実現します

提案者:  まちのきょういく委員会 未来の教室チーム (下京区)

経済産業省では「未来の教室」(新しい学びの社会システム)の実現のため、EdTechの活用等による、学習者中心の新たな教育プログラムの開発等に向けた実証事業が始まっています。しかし、企業等から優れたEdTechのコンテンツや教材が出ているものの公教育の現場で活用されるには、まだまだ多くの課題があります。

 

そこで「まちのきょういく委員会 未来の教室チーム」として、京都市内のコワーキングスペースを活用し、多様な主体が協働することで、一人ひとりの学びたい(学びの個別化とコミュニティ化)を応援できるプラットフォームをつくろうと考えています。

 

まずは、未来ナビゲーター育成とEdTechを始めとしたテクノロジーを活用し、小・中学生向けの学びの場づくり、協働学習、PBL学習に取り組みます。

 

未来の教室の実現に向けて、ハナスバとWSを定期開催しています。
詳細はPeatixグループページをご覧ください。

 

Peatixグループページ ⇒ http://machikyo.peatix.com

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝バンクナンバー 300
提案者 まちのきょういく委員会 未来の教室チーム
提案のカテゴリー 地域活性化  教育 
提案者の区分 市民グループ・地域団体 
提案者の所在地 下京区 
提案の種類 私たちが取り組みます!  私たちこんな取組をしています(情報提供)! 
提案の区分 特定テーマ以外 

ページの先頭へ