まちづくり・お宝バンク

お宝No.314
ア-ト・デザインの力で地域活性&中小企業の再発見

提案者:  河野 将之 (左京区)

京都にある京都芸術大学、精華大学など芸術やクールジャパン京都の発信にグローバルに活動されている大学さんなどと連携し、街道や公共施設、商店街にある店舗や壁などを彩る事により明るい街、安全、安心な街を推進し観光都市としての魅力や地域力を高めます。
また、地域に根付いている伝統産業や中小企業の社屋や軒先を事業PRや認知してもらえるようにディスプレイする事により地域の伝統産業、文化に生活者の方々が親しみと理解を深めるのではと考えます。

提案に至った経緯
当社が左京区のプラザ修学院という商店街に事務所を移転(3月1日付)するにあたり、店づくりをしていると住民の方が足を止めて”元気なお店が増える(復活する)と道も明るくなり安心やし活気が出る”と言っていただけます。当店にも造形芸術大学の学生さんの作品を展示してもらう事により地域の方が学生さんの作品を観る機会が増え、学生さんも自分の作品を観てもらう機会が出来て嬉しいと言っていただいていますのでそういった取り組みも進めていきたいと思っています。当店の認知も上がりありがたいです。
(当社が左京区が地盤になるので左京区及び左京区の大学を例に出していますが当然京都全域を考えています)
こうやって地域のお店や普段何気なく通っている道やその風景が明るく彩られていれば地域に対する愛着も深まり、当然防犯、防災効果も高まります。私のお店は風船やギフト商品を扱っており北山通りに面してガラス張りでディスプレイもしているので特に目立つとは思いますが、他の企業さんや、ものづくりの現場などでも店先にちょっとした装飾やディスプレイをする事によりもっと魅力を知ってもらえると思います。

私は商工会議所をはじめ異業種団体に属している事もあり地域や行政の方々ともお会いしディスカッションする中で中小企業の発信がまだまだ足りていないと感じさせられる事も多いです。もっと知ってもらい興味をもってもらう事により後継者問題や人手不足、環境問題にも新たな展開が生まれると考えています。今までもこういった取り組みは多々あったと思いますが、各エリアを包括的に更に取り組めば京都市のレジリエンス戦略にあるしなやかな街づくりにも必ず貢献できると思います。

お手伝い出来る点では、現在進行中のプロジェクトの中でも少スペースではありますが当社の一部をコミュニティスペースやワーク、展示スペースとしても開放できますし、所属団体の仲間やネットワークも微力ながらご紹介、参画できると思います。よろしくお願いいたします。

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.314 登録情報
提案者 河野 将之
提案者の区分 企業関係 
提案者の所在地 左京区 
提案の種類 私たちが取り組みます!  私たちの力を貸します! 
提案の区分 特定テーマ以外 
提案のカテゴリー 地域活性化  文化・芸術  産業 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
働きがいも経済成長も 住み続けられるまちづくりを 

ページの先頭へ