まちづくり・お宝バンク

お宝No.33
京都洛西 大原野のまちづくり

提案者:  なんやかんや「大原野」推進協議会(大原野自治連合会 会長 永谷 文隆) (西京区)

私たちは、行政、大学、NPO法人、企業等との協働により、大原野地域の活性化を図るため、様々な活動を継続的に取り組む中、平成26年7月に「なんやかんや「大原野」推進協議会」を立ち上げ、翌年2月には「大原野「地域ブランド」戦略」を策定し、関係者が一丸となってこの戦略を推進しているところです。

【具体的な取組提案】

①食づくり:6次産業化の推進、農作物のブランド化、加工・販売拠点づくりの検討等

②観光:健康志向を踏まえた観光ルートの開拓、ファームステイ(農家民宿)の実施等

③大原野愛:地域交流、移住者の受入れ、6次産業従事者の育成等

④魅力発信:ホームページ等の活用、情報発信拠点づくりの検討等

を自主的・主体的に取り組みます。

また、これらの戦略を推進するに当たり、

①必要最低限の道路・駐車場の整備

②公的補助金等の有効活用

③6次産業化を推進するための加工施設、定住促進のための住宅建設

について検討していくこととしています。

【取組に当たっての課題】

しかしながら、

①大原野地域は土地の利活用を行う場合、都市計画法、農地法、農業振興地域整備法等の規制がかかるため、住宅、レストラン、物販施設の建築、道路整備等が難しい。

②農作物の生産向上等の取組に当たり、既存の公的補助金だけでは限界がある。

等の課題もあり、これらは大原野の地域活性化を推進するうえで大きな障害となっています。

大原野地域は市内有数の農業地帯で、かつ風光明媚な自然が広がる地域でもあり、先代から引き継いだ大原野の良さを守りつつ、まちづくりを進めていくことを基本としていますが、最低限の規制の緩和や柔軟な営農支援策等、行政をはじめとする関係機関の支援をお願いしたい。
(①主体的取組型)

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 1 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.33 登録情報
提案者 なんやかんや「大原野」推進協議会(大原野自治連合会 会長 永谷 文隆)
提案者の区分 市民グループ・地域団体 
提案者の所在地 西京区 
提案の区分 特定テーマ以外 
提案のカテゴリー 地域活性化  定住・移住  産業 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
飢餓をゼロに 働きがいも経済成長も 住み続けられるまちづくりを パートナーシップで目標を達成しよう 

ページの先頭へ