まちづくり・お宝バンク

お宝No.34
高齢者の経験や知恵の活用~若者たちへのアドバイス~

提案者:  (堀井 滋夫)

高齢者は、それまでの人生において様々な体験をし、技を鍛え、知識を積み重ねてきており、その体験・技・知識は一夜にして築かれたものでないだけに、次世代を担う若者の道しるべ・参考になれば、高齢者にとって生きてきた証しになるものであり、そうやって、若者に経験を伝える機会を持てば、健康管理にも役立つのではないかと思います。

サラリーマンのような会社勤めをされている方が定年になると、一般社会から離されたように感じ、年金生活のため、活動も少なくなって、毎日の張り合いをなくしてしまう。あげくに、健康を害して病弱になり、高齢者・後期高齢者の扱いを受けて無気力となっていることは、嘆かわしいことです。

人の顔がそれぞれ違うように、経験や知識も異なり、趣味や技量も多種多様であるとともに、歩んできた人生の財産であります。

次世代を担う若者たちの良きアドバイザーとしての機会を、高齢者の皆さんに提供できるなら、高齢者の気持ちも若返り、健康な生活、張り合いのある日常を取り戻せるのではないかと思っています。高齢者が人生に一層の張り合いを持つためにも、ぜひ若者と高齢者の交流を提案します。

渓流釣りや山菜とりで季節を感じ、自然の尊さを覚える。演奏・陶芸などの技芸で感性を豊かにし、スポーツで人とのつながりやふれあいの大切さを知る。

地域や季節の行事、趣味・技芸の場などで、高齢者の方々が経験や知恵を伝える場を設けてもらえれば、交流につながります。

経験や知恵をとおして、「人生」という道の歩み方を若い世代に伝える方法の一つとして、高齢者をアドバイザーとして活用いただければと思います。
(③提案・参加希望型)

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.34 登録情報
提案者 (堀井 滋夫)
提案者の区分 個人 
提案の区分 特定テーマ以外 
提案のカテゴリー 福祉 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
すべての人に保健と福祉を 

ページの先頭へ