まちづくり・お宝バンク

お宝No.354
日本の食品ロスをゼロにするためにまずは京都から!ぜひ手伝ってください!

提案者:  SOCIAL GOOD PRODUCER|石川淳哉 (市外)

こんにちは。ソーシャルグッドプロデューサーの石川淳哉です。

地球 76 億人時代。世界は、気候変動をはじめ貧困や飢餓、 テロや紛争、エネルギーなどさまざまな課題が渦巻いています。 SDGs の期限 2030 年、世界はどのようになっているのでしょうか。 明るい未来を実現させるため、さまざまな課題を解決していく必要があります。 国や自治体、企業や生活者が自由な発想でコレクティブインパクトを 実現することが重要となってきます。 そして伝えるだけで終わるのではなく、行動、社会実装にまで結びつけ 社会的価値を創造する必要性が叫ばれてます。

食品ロスは日本の課題でもあり、世界の課題。日本は約600万トンという食品ロスを年間で生んでいます。一方で日本の食料自給率は約37%と極めて低くなっています。つまり、食料自給率は低い、海外からはこれだけ輸入をしている、それでいて食料を大量に捨てている。こういった現状をなんとか変えていくためにもSOCIAL GOODなアイデアで、世界を変えていきましょう。

***
現在、環境省のNEWドギーバックコンテストの総合プロデュースをしております。
京都の皆さまからのお力を貸していただけませんか?

ご応募、心よりお待ちしております。

ーーー
〈PROFILE〉
石川淳哉(いしかわ じゅんや)
世界の社会課題を解決するために、クリエイティブの可能性を追求するソーシャル・グッド・プロデューサー。株式会社ドリームデザイン代表取締役、一般社団法人助けあいジャパン共同創始者・代表理事、一般社団法人福祉防災コミュニティ協会理事。 主な仕事は書籍『世界がもし100人の村だったら』、ピースアートプロジェクト「retired weapons」、100万枚突破アルバム「日本の恋と、ユーミンと。」等のプロデュース、内閣府防災ポータル「TEAM防災ジャパン」講談社「FRaU SDGs」プロジェクト立ち上げなど。カンヌライオンズ金賞、NYADCなど受賞歴多数。

進捗状況・成果

2020/5/15締切の延長,審査員の顔ぶれが決定しました!

2020年5月15日

この度,新型コロナウイルスの影響もあり,コンテストのスケジュールが変更になりました。
締め切りが延びたので,引き続きふるってご参加ください。

【変更事項】
・締め切り:6/1(月)⇒8/16(日)に変更!
・各賞,審査員の方の顔ぶれが決定!
※詳細は,こちら

【募集中】NEWドギーバッグアイデアコンテストでアイデアを募集中!

2020年4月24日


現在,環境省とともに,ドギーバックアイデアコンテストを実施しています。

ぜひ,皆さんのSOCIAL GOODなアイデアで、世界を変えていきましょう。
皆さんのご応募を,お待ちしています!
***

■実施要綱
「ドギーバッグ」は家で待つ飼い犬のため(と言い訳をして)持ち帰るということに由来するといわれています。
せっかく提供された料理を、食べきることができなかった時に、自分や家族のために持ち帰って、食品ロス削減につなげていきたい。
そのアクションを推進するためのアイデアを以下、2つの部門で募集します。

【各賞】
〈ネーミングの部〉
・優秀賞 1点

〈パッケージデザインの部〉
・最優秀賞 一般の部 1点
・優秀賞  一般の部 2点/子供の部1点
・奨励賞  一般の部 3点以上/子供の部2点以上
※その他特別賞を予定

【応募期間】 2020年3月31日(火)ー6月1日(月)24:00 締切

【審査期間】 2020年6月2日(火)ー7月中旬予定

【結果発表】 2020年7月下旬予定

【主催】   環境省、消費者庁、農林水産省、ドギーバッグ普及委員会

▼詳細は,こちらのページをご覧ください。

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.354 登録情報
提案者 SOCIAL GOOD PRODUCER|石川淳哉
WEBサイト等のURL http://www.env.go.jp/recycle/foodloss/contest.html
提案者の区分 その他 
提案者の所在地 市外 
提案の種類 私たちが取り組みます! 
提案の区分 特定テーマ以外 
提案のカテゴリー 環境 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
飢餓をゼロに 産業と技術革新の基盤をつくろう つくる責任つかう責任 海の豊かさを守ろう 陸の豊かさも守ろう 

ページの先頭へ