まちづくり・お宝バンク

お宝No.366
いわくら農園倶楽部プロジェクト

提案者:  京都市岩倉地域包括支援センター  (左京区)

【特定テーマ:新型コロナ対応】

認知症や障害や高齢のために、一度途切れてしまった【社会参加活動の場】を自然な形で創り出したい。
もともと本人が有している力や思いに着目し、認知症の方であれば診断後初期の空白期間を埋め、高齢や障害を持った方であれば昔していた活動で今でもできることを探します。
認知症の方のオレンジカフェだけでなく、農園と言う場が地域のさまざまな人たちの交流拠点となって、認知症や障害への理解を広げていくことを目指します。
コロナによる屋内での取組ではなく、屋外(畑)で活動し、当事者のペースでできることを行ってもらい【フレイル】対策を講じています。
毎週土曜日9:00-12:00活動しています。

進捗状況・成果

収穫した野菜を,子ども食堂さんが使ってくれました!!

2020年7月10日


いわくら農園倶楽部では,左京区の社会福祉協議会からご紹介いただいた,子ども食堂「京都Tera.Coya」さんへ,収穫した野菜をお届けし,お弁当などの形で使っていただきました。
※「京都Tera.Coya」さんの活動が紹介されている「左京西部いきいき通信」はコチラ

+++
認知症対策の取組のひとつとして行ういわくら農園倶楽部の活動ですが,そこで実際に育った野菜が,市内の子どもたちの食の応援にもつなげることができました。
これから,毎週土曜日にいわくら農園倶楽部の野菜を無償提供していきます。

いわくら農園倶楽部の活動紹介ムービーができました。

2020年7月10日

いわくら農園倶楽部の活動が少しでも伝わるよう,活動紹介のプロモーション動画を公開しました。
ぜひご覧ください。
https://www.sankokai.jp/news/care/kohrei_sup_info/1660.html

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.366 登録情報
提案者 京都市岩倉地域包括支援センター 
WEBサイト等のURL https://niconico-cafe-iwakura.jimdofree.com/
提案者の区分 市民グループ・地域団体 
提案者の所在地 左京区 
提案の種類 私たちこんな取組をしています(情報提供)! 
提案の区分 特定テーマ:新型コロナ対応 
提案のカテゴリー 地域活性化  福祉 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
すべての人に保健と福祉を 住み続けられるまちづくりを 

ページの先頭へ