まちづくり・お宝バンク

お宝No.382
少女たちに居場所を提供する「わかくさカフェ×Hostel NINIROOM」

提案者:  一般社団法人京都わかくさねっと (上京区)

少女たちがもっと気軽に立ち寄れる場所をつくる為、宿泊施設Hostel NINIROOMとの連携を開始しました。Hostel NINIROOMは、旅行者が滞在するホステル事業に加え、併設するカフェは地域に開かれ、町内の地蔵盆の開催など、まちの拠点にもなっている宿泊施設です。オーナーである30代の姉妹をはじめ、20~30代の兄弟姉妹のようなアットホームなスタッフが、京都わかくさねっとと共に少女たちの心に寄り添います。

「わかくさカフェ」でできること ※すべて無料

●わかくさカフェ(毎週火曜日15:00~18:00)

HOSTEL NINIROOMラウンジの一角に専用スペースをオープン。わかくさスタッフが少女を迎えて、飲み物や軽食などを食べながら話を聞いたり、小物づくりやテーブルゲームなどで交流します。必要に応じて、わかくさスタッフを通じ関係機関へつなぎます。

●お昼寝(毎日10:00~18:00)

少女が心身を癒すための場所として個室の客室を確保しています。ひとりになりたい時、少し休みたい時、自由に利用可能です。社会への参加・役立ちの実感を醸成するため、利用後はホステル業務の一部(部屋の清掃やベッドメイキング)などのお手伝いを促し、スタッフとの自然な交流のきっかけをつくります。

●食事や生活用品の提供(毎日12:00~18:00)

カフェのランチ、軽食、生理・衛生用品などを必要に応じて提供します。

 

 

 

 

【ひとりでも多くの少女へ届けるために】

「わかくさカフェ」の活動をより多くの少女に届けるため、「わかくさカフェカード」を新たに製作し、関連施設に設置・配布します。事業に協力いただけるスタッフや、カード設置可能な施設なども随時募集しています。

「ご意見・応援フォーム」からお問合せください。

 

【一般社団法人京都わかくさねっとについて】

一般社団法人京都わかくさねっとは、「人はひとりでは生きていけない」という更生保護の視点から、貧困や虐待、DV、いじめなど、困難な状況を抱える少女たちに、寄添い、地域での居場所をつくり、私たち自身が信頼できる大人になることで、誰もが自分らしく心豊かに生きられる社会の実現を目指して2016年から活動しています。

ホームページ https://www.kyotowakanet/kusa.

Fbページ https://www.facebook.com/kyotowakakusanet/

進捗状況・成果

7/22(木)「女の子たちのいま 支援の現場から」研修会 どなたでも参加いただけます!

2021年7月19日

7月は法務省、社会を明るくする運動の強調月間です。
例年なら、街中でパレードや街頭キャンペーンが行なわれているのですが、今年はひっそり。
左京叡麓地区保護司会では、7月22日18時から上高野小学校ふれあいサロンで小さな研修会を開催します。

「女の子たちの今 支援の現場から」 講師:宮江 真矢 氏

日時:2021年7月22日(木)18:00~19:40

場所:京都市立上高野小学校ふれあいサロン

(京都市左京区上高野松田町8)

申込先: wakakusanet@gmail.com

資料をご用意いたしますので,参加希望の方はメールでお申込みください。

または,お近くの保護司・更生保護女性会員に参加希望と伝えてください。

 

講師の宮江先生に、生きづらさを抱えた少女たちの話をしてもらい、地区の保護司と一緒に地域でどのような支援が可能なのか話し合います。わかくさカフェの話しもしようと思います。

より多くの方に来て貰いたいため、どなたでも参加いただける研修会となっています。
更生保護や少女支援にご関心のある方は、この機会に参加してみませんか。

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.382 登録情報
提案者 一般社団法人京都わかくさねっと
WEBサイト等のURL https://www.kyotowakanet/kusa.
提案者の区分 一般社団法人 
提案者の所在地 上京区 
提案の種類 取組を提案します。取り組む際には協力します!  私たちが取り組みます!  私たちこんな取組をしています(情報提供)!  私たちの力を貸します! 
提案の区分 一般テーマ 
提案のカテゴリー その他 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
すべての人に保健と福祉を ジェンダー平等を実現しよう 住み続けられるまちづくりを 平和と公正をすべての人に 

ページの先頭へ