まちづくり・お宝バンク

お宝No.387
「やさしい日本語」のコツを知り、定住外国人とこれからの日本社会を共に作っていきませんか

提案者:  「やさしい日本語」を広める会 (上京区)

「やさしい日本語」を広める会は、日本人と外国人が共に生きやすい世の中を作っていきたいという願いをこめて設立されました。

コロナ禍で外国人観光客がいない現在(2020年年末)でも、定住者としての外国人はいままでどおりの生活を送っています。

コンビニなどの商業施設で、外国人を見かけることは多いと思います。また、企業や工場、学校の中で、外国人と日常的にお付き合いをしている人も増えてきているかと思います。彼ら/彼女らは、わたしたちとおなじ、いまここにいる生活者なのです。

外国人とコミュニケーションをとるのに、これまでの日本では、英語が大事だ、と思われてきました。

しかし実は国内定住の外国人では日本語がわかる人が多数派で、たくさんの外国人に一度に情報を伝えたいときには、日本語を使ったほうが早くて確実なのです。

でも、この「わかる」は、「使いこなせる」という意味ではありません。だからこそ「やさしい日本語」でのコミュニケーションが必要となってきます。

 

例えば次のように普通の日本語を「やさしい日本語」に変えることでわかってもらえるようになるのです。

 

 

 

わたしたち日本人が「やさしい日本語」のコツを学び、地域の外国人と積極的にコミュニケーションをとっていくことで、外国人は日本語が上達し、情報を得やすくなり、日本社会で生きやすくなります。

 

日本人側も「どうしたら、大事なポイントが伝えられるか」を工夫していくことでコミュニケーション能力がアップし、気持ちを通わせることができるようになっていきます。

「やさしい日本語」を広める会は、「やさしい日本語」を学び、すぐにでも使っていただけるよう、ワークショップ等を提供しています。

 

ワークショップ参加者の方たちからは「今後の仕事に使える」「相手の立場に立って言い方を変えると伝わりやすくなると気づいた」といった感想をいただいています。

「やさしい日本語」のコツを知り、定住外国人と、これからの日本社会を共に作っていきませんか。

 

【お問い合わせ先】

hiromeru.yasanichi@gmail.com

 

活動紹介ビデオ

 

「やさしい日本語」のコツ紹介ビデオ

仕事で外国の方と接する皆さんへ

 

 

進捗状況・成果

「やさしい日本語」について研修会でお話ししました

2022年9月16日

①8/27(土)京都市交通局人権フィールドワーク

国際交流会館で実施された交通局の研修会で、やさしい日本語について講義をしました。

これは、交通局の依頼を受け、きょうと多文化支援ネットワークが実施したものです。今回 参加団体からTABUNKO(海外ルーツなどの多様性のある家族の子育て支援をしているグループ)と「やさしい日本語」を広める会 が担当しました。

他団体とのコラボは初めてでしたが、TABUNKOの講義で、交通局の方たちが「多様性と異文化理解」について意識し理解を深められた後、やさしい日本語の意義や考え方・コツについてお伝えできたのはとてもよかったです。

アンケート回答でも、「日本・外国にかかわらず、その人の個性を理解する気持ちが異文化理解のために大切と感じた」「やさしい日本語については初めて聞いたが、今後ぜひ活用したい」といった前向きな感想が多く、励みになりました。


②3/10(木)凌風学区子育て支援ステーションネットワーク会議

南区の凌風学区子育て支援ステーションネットワーク会議で「やさしい日本語 」についてお話をしました。

増えつつある、外国につながるお子さんと保護者の皆さんとのコミュニケーションについて、「どうすればいいか?」と考えていらっしゃる方たちばかりで、とても熱心に聞いてくださり現場の状況を語ってくださいました。

「やさしい日本語」的対応で、在住外国人の方も対応する日本人の方も心が楽になり、よい関係になりますように!

3/27までオンラインセミナーのアーカイブを公開中です

2022年3月25日

好評のうちに終了しました,オンラインセミナー「外国につながる子どもたちや保護者とのよりよいコミュニケーションのために」のアーカイブを3月27日まで公開中です。

 

 

3/12(土)オンラインセミナー「外国につながる子どもたちや保護者とのよりよいコミュニケーションのために」

2022年2月8日

外国につながる子どもたちや保護者とのよりよいコミュニケーションのためにー保育・幼児教育施設編ー

保育士・幼稚園教諭など,子どもや保護者さんと関わる方、子育て支援に関心をお持ちの方を対象にしたオンラインセミナーを開催いたします。

保育・幼児教育現場の皆さんは、外国につながる園児や保護者がいらっしゃるとき、よいコミュニケーションをとるために常に工夫しつつも、どうすればお互いわかりあえるのか、悩まれることも多いかと思います。

言葉を翻訳したり、「やさしい日本語」に置き換えるなどの方法はありますが、その一方で、どのような考え方で言葉や文化の違いについて認め合い、関係を築いていくのか、ということも知っておく必要があります。

今回,異文化コミュニケーションを専門に研究しながら、実際に日本で子育てをなさっている外国人の方を講師に、多文化共生や子どもの言語発達の知見をふまえ、また、保護者としてのご経験をもとにお話をいただきます。

日時:2022年3月12日(土)10:30~12:00

講師:﨑 ミチ・アン氏(同志社女子大学 表象文化学部 英語学科准教授)

定員:50名(先着順)

参加費:無料

備考: 本講座は、Zoom を利用いたします。パソコン、タブレットまたはスマートフォンで、通信環境を整えてご参加ください。

お申し込みは,チラシのQRコードから申込フォームを表示してご入力ください。

オンラインセミナーチラシ(子ども)

 

 

「やさしい日本語」に関するアンケート結果報告

2022年2月8日

保育・幼児教育施設で仕事をされている方たち向けに作成した「やさしい日本語」のリーフレットを,主に京都市上京区内の保育・幼児教育施設へお送りしました。

その際に同梱しました「やさしい日本語」に関するアンケートにもご回答いただきました。誠にありがとうございました。

アンケートの回答を整理・分析することで,職員の皆さまが,外国人保護者や外国につながる園児と現実にはどのようなコミュニケーションをしていらっしゃるのか,どのような工夫やアイデアを実施され,効果をあげているのかを知ることができました。今後の「やさしい日本語」の普及活動等に活用させていただきます。

★アンケート結果まとめ20220207

保育・幼児教育施設向け「やさしい日本語」のリーフレットできました

2021年11月11日

上京区まちづくり活動支援事業を活用して、保育・幼児教育施設で仕事をされている方たち向けに 「やさしい日本語」のリーフレット(A4判 8頁)を作成しました。

やさしい日本語ー保育・幼児教育施設編ーリーフレット 第2刷(2022年6月改訂)

※サイト掲載用にデータ圧縮したものを載せております。

PDFをご確認いただき,画像が荒い場合は、圧縮していないPDFデータをお送りいたますので、下記メールアドレス宛にご連絡ください。 hiromeru.yasanichi@gmail.com

主に,京都市上京区内の保育・幼児教育施設へお渡しして活用していただければと考えております。 また,今後のよりよい事業展開のためにも,リーフレットをお手に取られた保育・幼児教育施設の皆さんには、 同梱している「やさしい日本語」に関するアンケートにも答えていただけますようご協力よろしくお願いいたします。

「やさしい日本語」を広める会について毎日新聞に掲載されました

2021年9月15日

7月30日:毎日新聞地方版 連載「聞いて!」<地域から>にて掲載されました。

短期の旅行者とは違い,地域にお住まいの生活者としての外国人と日本人が共に生きやすい社会をつくるための活動として,日常生活で使える「やさしい日本語」ワークショップを日本人向けに実施しています。

個別ヒアリングをもとに,依頼内容に沿った内容でワークショップや相談会を実施されるそうなので,ご興味のある方はぜひお問合せください。

【お問い合わせ先】

hiromeru.yasanichi@gmail.com

 

 

 

6/12やさしい日本語を広める会の取組を京都リビングでご紹介いただきました!

2021年6月23日

 

6月12日(土)の京都リビングのまちナビのコーナーで、やさしい日本語を広める会の取組を紹介をしていただきました。ぜひご覧ください!

 

Web記事はこちら ⇒ https://kyotoliving.co.jp/topics/16795.html

【引き続き募集中】在住外国人の方へのインタビュー協力・紹介にご協力ください

2021年2月24日

20210206チラシ

現在、「やさしい日本語」ワークショップをよりよいものとするため、在住外国人の方へのインタビューの実施を計画しています。

皆さまのお知り合いの在住外国人の方にこのインタビューのことをお知らせいただけるでしょうか。
以下の手順ですが、①のインタビュー案内の紹介をお願いできればとてもありがたいです。

①「やさしい日本語」を広める会のfacebookページに投稿したインタビューの案内を在住外国人の方に紹介。 

インタビューの案内投稿記事のURLです。↓
https://www.facebook.com/hiromerukai/posts/181166447125734

②インタビュー案内を読んで、インタビューを受けようと思った外国人の方が、
 Googleアンケートで「やさしい日本語」を広める会に連絡。

③「やさしい日本語」を広める会からの返信メールにインタビュー候補日を載せる。
外国人の方が都合のいい日時を選んで返信。
Zoomインタビュー日時を設定。

直接お会いしてのインタビューが望ましいのですが、できるだけのコロナ感染予防をしなければならない時期ですので、Zoomインタビューの予定です。

インタビューでは、今まで日本語が通じなくて困ったり、わかってもらってよかったといった経験をお聞きしようと考えています。もし病院や役所などで困った話などがあれば 今後そういう場所に「やさしい日本語」を提案していきたいと思います。

 

チラシはこちらからもご覧いただけます。

20210206チラシ

「やさしい日本語」研修レポート

2021年1月21日

2020年8月29日(土)に せいしん幼児園にて開催されたワークショップ形式の研修「『やさしい日本語』で外国人保護者と話すために」のレポートです。

当日は幼児園の職員の方たちに、こちらが用意したお題の情報を「やさしい日本語」に変えながら、お招きした4名の外国人ゲストとコミュニケーションしてもらうという体験学習をしていただきました。

この幼児園でも、増えてきている外国人園児や、その保護者の方たちとなんとかコミュニケーションをとりたいと切実に思っておられた職員の方たちは、本当に熱心に取り組んでくださり、中身の濃い研修となりました。

 

職員のみなさんは、日頃保育現場で子どもたちと接している方たちなので、「優しい気持ちで相手にわかる易しい伝え方を工夫する」という「やさしい日本語」の基本がすでに身についていて、すぐにコツをつかんで、実際の状況を思い浮かべながらスムーズにワークショップに取り組んでおられました。

外国人ゲストに対して、イラストを描いて「これでわかりますか?」と確認したり、「名前はカタカナでどう書きますか?」と聞いたりしながらのワーク。

外国人ゲストからも、「外国人のお母さんやお父さんはどこで日本語を勉強していますか?」という質問もあり、「外国人が日本語学校などに行っていなくても、やさしい日本語で会話すれば周りの日本人みんなが先生になれる」「今は翻訳機でコミュニケーションをとってくる保護者の人にも、これからはやさしい日本語だと通じるかも」といった話になりました。

後日いただいた感想でも、「今後の保護者対応で使えそうなことがあった」と書いてくださり、新たな気付きとして「英単語で伝えなくてもいいと気づいた」「(今までは)伝わりにくい言葉を多く使っていた」「言いたいことを自分の中で明確にし、自分の言葉一つひとつを大切に相手に伝えようと思った」と前向きな意見をいただきました。

今後の保育に活かしていただけるよう心より願っています。

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.387 登録情報
提案者 「やさしい日本語」を広める会
WEBサイト等のURL https://www.facebook.com/hiromerukai
提案者の区分 市民グループ・地域団体 
提案者の所在地 上京区 
提案の種類 取組を提案します。取り組む際には協力します!  私たちが取り組みます!  私たちこんな取組をしています(情報提供)!  私たちの力を貸します! 
提案の区分 一般テーマ 
提案のカテゴリー その他  国際  地域活性化  子育て  定住・移住  教育  福祉 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
質の高い教育をみんなに 人や国の不平等をなくそう 住み続けられるまちづくりを 

ページの先頭へ