まちづくり・お宝バンク

お宝No.388
こどもと社会をつなげるゲームデザインプロジェクト

提案者:  伊藤圭之 (市外)

閉塞的で希望が持ちにくい社会の中で,こどもたちが,未来に希望をもって,社会を知り,つながり,アクションを起こせるようになるための,最初のきっかけを支援するプロジェクトです。

社会に参加し,協働でアクションするためには,社会の一員であることを自覚し,「自ら進んで社会の中で課題を発見し,行動する」という市民社会での振る舞いを身に着けることが重要となります。そのためには,若い世代,特に社会への意識が目覚めはじめる小・中学生の世代からのシチズンシップ教育が非常に重要です。

課題発見や行動につながる教育は,座学や知識伝達だけでなく,「体験」や「体感」を通じた「気づき」が重要となります。この気づきのための手法として「ゲーム」の手法が有用な選択肢として考えられます。

昨今,「ゲーミフィケーション」がビジネスや社会課題解決の分野で取りざたされています。「ゲーミフィケーション」とは,人間の動機付けや行動を促す仕組として「ゲーム」を利用することで,楽しむことや競い合うことを通じて,自然と人をテーマに巻き込み,体感的に理解させる手法です。最近では,「SDGs」の取組を体感的に理解させるためにSDGsゲーム等が利用されています。これらのゲームは,ビジネスの分野のみならず,教育分野でも非常に有効です。

本プロジェクトでは 「社会の課題を自分の生活の延長としてとらえる」,「一人では解決できないことを知る」,「でも一人ひとりが参加しないと何もはじまらない」という,市民の社会参加の重要なポイントを,楽しみながら体感的に理解し,気づきをえられるようなシチズンシップ教育ゲームの開発に取り組みます。

また,このゲームを活用して,こどもたちと社会をつなげるためのモチベーター,ファシリテーターの育成にも取り組みます。

※同志社大学プロジェクト科目採択プロジェクト

FACEBOOK
https://m.facebook.com/citizenshipgames.for.children/

Twitter
https://twitter.com/citizenshipgame

進捗状況・成果

【ご報告】2020年度同志社大学プロジェクト科目成果報告会にて、本プロジェクトが最優秀賞を受賞しました!!

2021年1月25日

このような素晴らしい賞をいただけたのも、ローンチイベントにご参加いただいた皆様や、ご支援いただいている皆様の支えがあってこそです!

ありがとうございました!!

来年度以降もプロジェクトは継続していく予定です。

引き続き温かいご支援のほど、よろしくお願いいたします!!

https://www.facebook.com/citizenshipgames.for.children/

2020年度同志社大学プロジェクト科目 SDGs世代に贈る!「こどもと社会をつなげるゲーム」デザイン“Connection Lab”ローンチイベント vol.1、vol.2

2021年1月5日

2020年度の成果について以下の通りオンラインイベントを開催します。興味のある方は,以下URLより是非お申込みください!

【詳細URL】

vol.1:https://gamedesignconnectionlabvol1.peatix.com/
vol.2:https://gamedesignconnectionlabvol2.peatix.com/

【開催日時】

vol.1:2021年1月8日(金)19:30-21:00
vol.2:2021年1月10日(日)14:00-15:30
(途中入室退室可)

【開催方法】

Zoom(お申し込みの際に入力していただくメールアドレスに参加用URLをメールでお送りいたします。)

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.388 登録情報
提案者 伊藤圭之
WEBサイト等のURL https://m.facebook.com/citizenshipgames.for.children/
提案者の区分 個人 
提案者の所在地 市外 
提案の種類 私たちが取り組みます! 
提案の区分 特定テーマ以外 
提案のカテゴリー 地域活性化  子育て  教育 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
質の高い教育をみんなに 平和と公正をすべての人に パートナーシップで目標を達成しよう 

ページの先頭へ