まちづくり・お宝バンク

お宝No.392
“参加する”映画『祇園祭』(1968年)の思い出 発掘・記録プロジェクト

提案者:  おもちゃ映画ミュージアム (中京区)

【情報提供者募集中】映画『祇園祭』に関する映像や写真、協力会ニュース、上映会のチラシなどの資料がお手元にございませんか?エキストラや撮影時に山鉾に乗った思い出などございませんか?お話を伺いながら、それらをまとめて資料集として残したいと思います。

映画『祇園祭』は、京都が世界に誇る祇園祭をテーマにし、1968年に封切られた作品です。

企画:伊藤大輔、監督:山内鉄也、出演:中村錦之助(萬屋錦之介)、岩下志麻、田村高廣、三船敏郎、志村喬、渥美清、高倉健、美空ひばりなど錚々たる顔ぶれです。

当時は五社協定下でしたが、中村錦之助が設立した独立プロ「日本映画復興協会」の呼びかけに、映画会社の垣根を越えてノーギャラで駆けつけてくださいました。

映画は大勢の観客を呼び、海外でも上映されました。現在は祇園祭先祭と後祭の時に、フィルムを保存している京都文化博物館で観ることができます。

 

製作に当たっては,京都府政百年記念として府が資金援助し、原作が西口克己元・京都市議の同名小説だったこともあり、府市民、労組や山鉾連合会などオール京都で取り組んで完成した作品です。

圧巻の巡行シーンは、右京区嵯峨広沢付近の新丸太町通で撮影。小倉山を東山に見立て、東西1000メートルの通りに室町時代の四条通を再現しました。撮影に際し、長刀鉾と山6基が新調され、菊水、放下鉾は本物を動員。群衆役に府市民エキストラ延べ1万5百人に加え、山鉾町からの指導エキストラ400人も協力しました。

 

この度、おもちゃ映画ミュージアムで、“参加する”映画『祇園祭』の記録 映画『祇園祭』製作上映協力会資料集を発行することになりました。

資料を整理しているうちに、映画に関わった人々の思い出、撮影風景を撮った写真や、8㎜映像などをお持ちの人がおられるかもしれないと思い至りました。それで皆様にお願いがあります。

 

映画『祇園祭』に関する映像や写真、協力会ニュース、上映会のチラシなどの資料がお手元にございませんか?エキストラや撮影時に山鉾に乗った思い出などございませんか?お話を伺いながら、それらをまとめて資料集として残したいと思います。可能でしたら、ご家族やお知り合いにも尋ねていただき、お知らせいただけたらとても嬉しいです。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

お問合せ・連絡先

おもちゃ映画ミュージアム(太田文代)

e-mail: info@toyfilm-museum.jp

TEL: 075-803-0033

FAX:    075-803-0034

住所:京都市中京区壬生馬場町29-1

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.392 登録情報
提案者 おもちゃ映画ミュージアム
WEBサイト等のURL http://toyfilm-museum.jp/
提案者の区分 その他 
提案者の所在地 中京区 
提案の種類 取組を提案します。取り組む際には協力します!  私たちが取り組みます!  私たちこんな取組をしています(情報提供)! 
提案の区分 特定テーマ以外 
提案のカテゴリー その他  地域活性化  文化・芸術  観光 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
住み続けられるまちづくりを 

ページの先頭へ