まちづくり・お宝バンク

お宝No.397
京都の観光産業の活性化

提案者:  小川輝明 (南区)

京都市内の観光産業・宿泊施設・飲食店の経営が逼迫している中、少しでも状況が良くなる事を願って御提案させていただきます。

例えば、八坂神社・円山公園、鴨川(屋外のスペース)で飲食店が定期的に屋台の出店、弁当販売が出来るスペースを提供していきます。

※屋外で、店舗数、座席数に制限を設け、アクリルパネルで感染対策を徹底します。

ソーシャルディスタンスを守り、地域の食材を、地元住民が購入できる仕組みを作ります。

勿論、緊急事態宣言下であり、様々な課題があることは、承知しております。

しかしながら、コロナ禍で、観光産業が逼迫している中、自分等が行動を起こさないと、
地場産業の活性化は成り立たないと考えております。

私たちは、できる範囲で小さな取り組みから始めていきます。
京都の観光産業の復活を手掛けていきます。

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.397 登録情報
提案者 小川輝明
提案者の区分 市民グループ・地域団体 
提案者の所在地 南区 
提案の種類 私たちが取り組みます! 
提案の区分 特定テーマ:新型コロナ対応 
提案のカテゴリー 地域活性化  定住・移住  景観  産業  観光 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
貧困をなくそう 

ページの先頭へ