まちづくり・お宝バンク

お宝No.410
「法」の字プロジェクト:低層植物の保護再生による松ヶ崎「妙法」送り火行事の保存継承へ

提案者:  公益財団法人松ヶ崎立正会 (左京区)

京都五山送り火の一つ「松ヶ崎妙法」の法の字山において、この5~6年前から鹿の増加により、ツツジ等の低層植物が食害を受け、山の法面が急峻で地盤が相当に露出している「法」の字山を対象に、63基の点火火床を周辺四方を囲む遮断柵(防鹿柵)を設置することにより、この「妙法」送り火行事を、長期展望の下で保存継承していくために「法」の字プロジェクトを立ち上げました。

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.410 登録情報
提案者 公益財団法人松ヶ崎立正会
WEBサイト等のURL http://kyoto-matsugasaki.com/dantai/risshokai/
提案者の区分 市民グループ・地域団体 
提案者の所在地 左京区 
提案の種類 私たちが取り組みます! 
提案の区分 一般テーマ 
提案のカテゴリー 地域活性化  文化・芸術  景観  防災 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
住み続けられるまちづくりを 

ページの先頭へ