まちづくり・お宝バンク

お宝No.432
KYOTO CAFELOVER’s Communityーひとと

提案者:  野村恭彦 (北区)

カフェ好きの美学のようなものを共有して、カフェから世界をすこしでも居心地の良い場所にしていくためのコミュニティ。利用者として美学をもってカフェにつながっていくことで、自分自身も学び、カフェを応援することで、最終的には供給側にも影響を与えていくことをねらいとする。
このコミュニティには、3つのレイヤーを用意している。ただ参加するだけで、何もしなくても価値があるレイヤーから、最終的にはSDGsにつながる活動をカフェから始めることもできる。そういった「正当的周辺参加」ができるコミュニティにしていきたい。
一つめのレイヤーが、各自がカフェへの想いとカフェを紹介し合う、「ただここにいるだけで価値があるよ」という居場所。
二つめのレイヤーが、テーマをもってカフェの記事やツアーを仕上げていくという、いわゆるメディアの機能、具体的には編集会議という場。
三つめのレイヤーが、カフェを通じた「地域プロジェクト」の実施。

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝No.432 登録情報
提案者 野村恭彦
WEBサイト等のURL https://www.slowinnovation.jp/home/cafelover
提案者の区分 企業関係 
提案者の所在地 北区 
提案の種類 私たちが取り組みます! 
提案の区分 一般テーマ 
提案のカテゴリー 地域活性化  観光 
提案に関連するSDGsの目標番号
SDGsとは リンク先の目標番号のアイコンを選択すると詳細が表示されます)
住み続けられるまちづくりを つくる責任つかう責任 

ページの先頭へ