まちづくり・お宝バンク提案

お宝No.45 外国人から英語で学ぶ日本文化の真髄

提案者:  合気道無限塾(ジャック・パイエ) (中京区)

(1)日本の伝統文化は世界の多くの人々から愛されています。中には、その神髄を極めた外国人も数多く存在します。合気道無限塾はその典型例であります。また、無限塾の指導員たちは海外一流大学出身の英語教育の専門家でもあります。そこで今般、日本の小中高の英語教育の場で、そのようなネイティブの教師による合気道を活用した英語教育プログラムを実施したいと考えております。それによって、日本人生徒たちの英語コミュニケーション能力を飛躍的に向上させることが可能であると確信しております。

(2)合気道無限塾は2009年にジャック・パイエ(師範)によって京都の地に創設されました。パイエは1957年生まれで、22歳の時にフランスから来日し、塩田剛三氏(合気道創始者植芝盛平の高弟、公益財団法人・合気道養神会の創設者)の内弟子として長年にわたって合気道を修行してきました。パイエは、塩田剛三氏亡き後、養神館合気道の最高峰の師範の一人として、日本国内はもとより世界中に出向き合気道の指導をして来ました。海外にも道場を開設し、あるいは講師として招聘され、海外指導も頻繁に実施しており、毎年、米国、ヨーロッパ、カナダ、ロシア、ウクライナ、カタール等、世界各地で指導にあたっております。東京在住の頃には警視庁の研修生を指導したり、フランスのミッテラン大統領来日の際にはSPとして招聘されたりするなど、多くの実績があります。

(3)無限塾では合気道を、他者を制圧するための武道ではなく、互いを尊重し、和合するためのコミュニケー ション・スキルとして身に着けさせるよう指導しております。日本人と諸外国の人々が道場という空間において和気あいあいと交流するコミュニティでもあります。

歴史・文化・ 伝統・道徳という概念はややもすると偏狭なナショナリズムに利用される危険性があります。机上での空論だけでは優越感に浸食された固定的な観念だけが形成されてしまいます。なぜ、世界の多くの人々が日本の文化をこよなく愛しているのか? その答えを述べるなら、日本文化の真髄は、相手を思いやることに重きを置く、豊かで深遠なコミュニケーション・スキルにあると言えるでしょう。

無限塾では合気道という楽しい身体表現を通じて日本文化の神髄を無理なく習得することを目指しています。しかもこれを英語で学ぶ。とてもユニークな教育メソッドだと思います。

(4)相対動作の効果 ⇒ 安全・安心、健康・健全 ⇒ “思いやり”を育む ⇒ いじめ防止にも役立つ

①無限塾の合気道はとても安全であり、稽古には老若男女が分け隔てなく参加しています。

②“仕手”と“受け”というペアでの相対動作が基本ですが、これを円滑に進めるためには自分本位ではなくパートナーへの気遣いとリスペクトが必要となります。

③とりわけ子どもたちは、稽古を通じて、芯が強くて思いやりのある子に育っています。 実際、無限塾に通ってくる子供たちの中で「いじめられなくなった」という声も聞いております。

④体の大きい子、小さい子、元気な子、おとなしい子、それぞれの個性を尊重しています。どのような子でも、オープンマインドを育むことは可能です。そしてそれこそがグローバル人材にもとめられる資質でもあります。

合気道無限塾では、合気道と英語を通じて日本文化を習得していただくことを目指しております。私どもが持つノウハウや人材等を活用いただければと思いますので、よろしくお願いいたします。
(②力の提供・支援型)

進捗状況・成果

寄せられたご意見・応援

現在寄せられているご意見・応援 0 件

ご意見・応援 フォーム

公開されている、ご意見・応援はありません。 「ご意見・応援 フォーム」より、投稿をお待ちしております。
お宝バンクナンバー 45
提案者 合気道無限塾(ジャック・パイエ)
提案のカテゴリー 文化・芸術 
提案者の区分 その他 
提案者の所在地 中京区 
提案の区分 特定テーマ以外 

ページの先頭へ