まちづくり・お宝バンク

「私たちが伝える!文化のチカラ講座」第2回講座を開催しました!

「私たちが伝える!文化のチカラ講座」第2回講座を,平成30年1月28日(日曜日)に,右京区太秦にある「キネマ・キッチン」で開催しました!!今回の講座のテーマは,「「ワハハ」と笑って,「ハッ」と気づく,どらりん劇団の生活文化講座」で,NPO法人子育ては親育てみのりのもり劇場に所属する「どらりん劇団」に,身近にある様々な文化を,「発見」,「再認識」,「楽しむ」,お芝居を披露していただきました。その後,自分たちが残したい文化について考えるワークショップを行うなど,子どもから大人までの参加者全員が,楽しく文化を考える機会となりました!

どらりん劇団のお芝居は笑いが絶えない!!今回は,この講座のために,特別に考えていただいたお芝居を初披露いただきました。茶の湯,能楽,門掃き,京ことば,祭り・・・等々のたくさんの文化がお芝居に登場し,様々な文化を発見・再認識しながら,文化について楽しく考えました。

 

 

 

 

 

 

後半のスタートは,「京ことば」について参加者全員でお勉強!日本の文化である「京ことば」を,次世代に語り継ぐことを目的に活動されている「京ことばの会」さんが作成されている,「京ことばかるた」を使用し,京ことばを標準語に言い換えるクイズを行いました。これが本当に難しい・・・。参加者全員で,京都の伝統の文化を勉強しました。

 

 

 

 

 

 

ワークショップでは,「参加者が100年後も残したい文化」をテーマに,自分が残したいと思う文化を,吹き出しに書いて発表していただきました。「食文化」,「お餅つき」,「アナログ」,「漫画」,「京都の通り名の唄」,「地蔵盆」,「笑顔と笑い」,「クリスマスのプレゼント交換」,「思いやりや共感」,「京料理」,「日本語全体」,「勉強」,「掃除」,「車」,「友だち」,「ゲーム」,「市バス」,「まち並み」,「季節」等々,皆さんが残したい文化がたくさん出てきました。発表後には,特製千社札をお渡しさせていただき,参加者全員が,一緒に京都の文化を盛り上げていく文化の発信者になりました!!

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ