まちづくり・お宝バンク

〜ひとごとではなく、「自分ごと」、「みんなごと」として市民・行政が協働!〜
“みんなごと”のまちづくり推進事業

京都のまちの様々な課題の解決を「ひとごと」とせず、市民と本市が共に「自分ごと」、「みんなごと」と捉えて協働するまちづくりを推進するため、広く市民の皆様から、京都がもっとよくなる、もっと住みやすくなる、まちづくりの取組提案を募集し、「まちづくり・お宝バンク」に登録・公開するとともに、提案の実現や市政への反映に向け、多彩な市民力・地域力を活かした、きめ細かなサポートを行っています。

令和2年5月13日から,特定テーマ「新型コロナによる危機や課題に対応する取組提案」を募集します。
*本特定テーマに関しては,社会課題やお困りごとの解決に資するものであれば,有料サービスの提案も受け付けます(ただし,単なる利益目的の販売促進活動等は除く)。
例:
「スタジオ等で音楽活動ができない状況に代わり,○○の仕組みを構築し環境改善」
「家から外出できない子どもたちに,○○のツールを用いてストレス緩和」
「オンラインの活用方法の指南,オンライングループミーティングの案内」など

取組提案募集チラシはこちら ⇒ チラシ(PDFファイル)
事業の体系図はこちら ⇒ 体系図(PDFファイル)

お宝(まちづくりアイデア)を投稿する

Contents

ページの先頭へ