まちづくり活動

「暮らしやすいまち」ってどんなまちでしょう?

「暮らしやすさ」の形は、もちろん人によって様々ですが、住んでいる人、企業、大学、行政など、様々な人達が、まちのことを考え、それぞれができることを行っている。そして連携している。そんな状態が一人一人の「暮らしやすさ」につながるのではないでしょうか。

京都市では、市民の皆さんがいろんな人達と連携しながら、まちづくり活動を行えるよう、様々な取組や支援を行っています。また、市民活動総合センターなどの相談窓口も設けています。

Contents
Comic
漫画がのっています

道端で立ち話をする二人。

はじめーる:うちって引っ越してきたので、これからもっと近所の人達と仲良くなっていきたいと思ってるんですよ。

つながーる:地域でも、お祭りとかあるんとちゃうの?

はじめーる:ええ、お祭りとかはあって、とても助かります。ただ、もう少し、頻繁に会話する機会があればもっといいなーと。

そこへ、かくれて話をじーっと聞いていた京都市職員の市民参加達人が登場。

まちづくり活動達人:話は聞かせてもらったよ。

まちづくり活動達人:そういう想いがあるなら、大人も子どもも楽しく参加できる気軽なイベントなんかをしてみればどうかな?

はじめーる:イベント? 僕なんかが?

まちづくり活動達人:そう、あなたが!必要だと思う人がやればきっといいイベントになりますよ。

はじめーる・つながーる:そんないうたかてあたしらみたいな個人でなにができますのん?

まちづくり活動達人:大きなイベントだと大変だけど、まずは数人が参加するような小さなイベントから始めてみたらどうかな。みんなで工作するとか、絵本を読むとかでもいいかも。まちづくりのための活動だったら、行政も手助けしてくれますよ。

つながーる:なるほど。あたしは、子育てはずいぶん前に手が離れましたけど、もしかして役に立てますやろか?

はじめーる:つながーるさん、ぜひ一緒に行ってみましょう!

ページの先頭へ