歴史資料館の御案内

〇緊急事態措置の発出に伴い,臨時休館(令和3年8月20日~令和3年9月30日)とさせていただておりましたが,令和3年10月1日(金曜日)より開館いたしております。

〇新型コロナウイルス感染症拡大防止に関するご協力のお願い

 ⇒こちらから



京都市歴史資料館

  9月の予定

   ~30日   緊急事態宣言の発出に伴い臨時休館

10月の予定

          1日~    特別展「こんにちは京都市電-京都市電関係資料をひもとく-」

           後期展 「熱中!京都市電-上級編」(~12月5日)

           ※緊急事態宣言発出による臨時休館(8月20日~9月30日)のため,

            当初の会期から変更しております。

            ⇒展覧会詳細はこちらから

            ⇒イベント詳細はこちらから

 5日~25日   秋期連続講座「古文書を楽しく読もう!」 受講生募集!!      

           詳しくはこちらから    

           ⇒イベント詳細はこちらから

開催中の展覧会およびイベント情報

令和3年度特別展「こんにちは京都市電-京都市電関係資料をひもとく-」

〇緊急事態宣言発出による臨時休館(8月20日~9月30日)のため,当初の会期から変更しております。

 京都市電のあゆみを記録した公文書「京都市電関係資料」が令和3年3月に京都市有形文化財に指定されました。877冊に及ぶ資料の中から,いくつかの簿冊を取り上げ,それにまつわる今昔の地図や古写真などを併せて下記のとおり展示します。

 会期:令和3年6月18日(金曜日)~12月5日(日曜日)

  前期 「はじめての京都市電-初級編」 6月18日(金曜日)~8月19日(木曜日)

  後期 「熱中!京都市電-上級編」   10月1日(金曜日)~12月5日(日曜日)

 展示内容:京都市電関係資料,模型(狭軌・広軌・トロリーバス・バス),古写真,局内誌『しゃりん』,

        元市電車掌・映像「京都ニュース」,市電切符,方向幕,系統板などを紹介します。

⇒詳しくはこちらから

⇒イベント詳細はこちらから


京都市電関係資料 877点(京都市交通局所有)


展覧会チラシ表


展覧会チラシ裏

京都市歴史資料館 秋期連続講座「古文書を楽しく読もう!」の開催について

  京都市歴史資料館では,多くの市民の皆様に古文書を楽しみながら学んでいただくため,秋期連続講座「古文書を楽しく読もう!」を開催します。

 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,内容を変更する場合があります。

 

1 開催期間

  A組<初級編>  B組<中級編>

  A組・B組とも,

         令和3年11月17日,24日,12月1日,8日

           全て水曜日[全4回]

 2 内容

   古文書を楽しみながら読む機会を提供するための講座です。

     2つの組があり,それぞれの講座内容に違いがあります。

 

    A組<初級編> :テーマ「古文書入門」

              古文書を初めて読む方や,まったくの初心者ではないけれども,

               もう一度基礎から古文書を学びたい方向けの講座です。

    B組<中級編> :テーマ「「洛中寄宿仲間関係文書」を読む」

             古文書を読み始め,初心者の段階からステップアップして学ぼうとする方向けの講座です。

             *A組とB組の両方を申し込むことはできません。

3 申込方法

 10月5日(火曜日)から10月25日(月曜日)まで

   ⇒詳しくはこちらから

 

京都市歴史資料館 歴史講座「岩倉具視にとっての米欧回覧」の開催について

 京都市歴史資料館では,歴史資料をもとに京都を学ぶ歴史講座「岩倉具視にとっての米欧回覧」を,下記のとおり開催しますので,お知らせいたします。

※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,内容を変更する場合があります。

                                        記

 1 開催日    令和3年12月16日(木曜日)

 2 開催時間  午後2時~3時30分(受付は,開始30分前から行います。)

 3 開催場所  同志社 新島会館(上京区寺町通丸太町上る)

 4 主催         京都市歴史資料館

 5 内容       岩倉具視は,明治政府がアメリカ・ヨーロッパ諸国に派遣した使節団の特命全権大使を務めました。使節団は日本が近代化に大きく立ち遅れていることを痛感して帰国します。帰国後,岩倉は鉄道の開業に熱心に取り組むとともに,衰退する能楽の庇護者としての役割を果たしました。いずれも米欧回覧の経験が大きく影響していました。講座では,米欧回覧における見聞がその後の岩倉の活動とどう関係していたかについて考えます。

 6 講師        歴史資料館 館員 松中 博

 7 定員        80名(申込者多数の場合は,抽選を行います。)

 8 受講料    無料

 9 申込方法 11月5日(金曜日)から11月25日(木曜日)までに,電話,FAX,電子メール,いずれかの方法で,京都いつでもコール(京都市市政情報総合案内コールセンター)へお申込みください。申込の際には,「講座名,郵便番号,住所,氏名(ふりがな),電話番号」をお伝えください。後日,当否にかかわらず連絡ハガキを送付します。

    [京都いつでもコール]

        電話番号  075-661-3755(みなここ)

         FAX番号  075-661-5855(ごようはここ)

                     電子メール   https://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html

                                         (ホームページの送信フォームを御利用ください。)

                   ※お電話の際はお掛け間違いに御注意ください。

 10 問合せ先  京都市歴史資料館  電話 075-241-4312

                          FAX 075-241-4012

   (参考)

     特別展「岩倉使節団150年記念岩倉具視と米欧回覧」について

   期間         令和3年12月10日(金曜日)~令和4年2月13日(日曜日)

   開催場所 京都市歴史資料館

京都市歴史資料館 叢書京都の史料第14回「内裏図集成 ―京都御所と公家町ー」頒布中

 この度,完売しておりました「内裏図集成-京都御所と公家町」につきまして,好評につき再販しております。

 同書は,江戸時代に出版された内裏図を影印集成したものです。内裏図とは,江戸時代の禁裏御所(京都御所)とその周辺にある公家の邸宅街(公家町)を描いて出版された地図のことです。江戸時代の御所周辺は,一般庶民も見物に訪れるような観光名所でもありました。そのため,たくさんの内裏図が作られています。内裏図は,江戸時代の地図出版の一ジャンルであると同時に,御所周辺の変わっていく状況を時間を追って見ることができる貴重な史料です。当館の大塚コレクションを中心に国内外に所蔵されている内裏図をぜひご覧ください。


「内裏図集成 -京都御所と公家町-」価格2,500円

京都市歴史資料館 叢書京都の史料第16回「京都摺物集成 ―江戸時代の京のにぎわいー」頒布中

 京都市歴史資料館では,京都市史編さん事業開始以来収集した膨大な量の古文書類を,より利用しやすい形で系統的に提供するため,「叢書 京都の史料」として継続的に刊行しています。

 現在,第16回配本として,「京都摺物集成 ―江戸時代の京のにぎわいー」を頒布しております。

詳しくはこちらから


「京都摺物集成 ―江戸時代の京のにぎわいー」価格2,500円

御案内

設立目的

 京都市歴史資料館は,京都の歴史に関する資料の保存と活用を図り,市民の文化の向上及び発展に役立てることを目的として昭和57(1982)年11月に開館しました。

 前身である「京都市史編さん所」には,京都市史編さん作業を通じて,市民の皆さんからの寄贈・寄託などにより多くの古文書などが蓄積されました。

 これらの貴重な史料を引き継ぎ,さらに収集と調査研究を行うとともに,資料の閲覧・展示,歴史講座の開催,図書の刊行などにより,研究の成果を広く紹介しています。
京都市歴史資料館

       京都市歴史資料館の正面玄関です(寺町通から撮影)。
       

施設の御案内


☆ 1階 資料展示室 ☆
 京都の歴史を,古文書,絵画,絵図などの展示を通して理解していただけるように,特別展やテーマ展を開催しています。1回の展示の期間は3ヶ月程度で,展示と展示の間(概ね2~3日)は,展示替えのため臨時休館日しています。
 ガラスケース内のパネルは可動式で,展示品をより間近で御覧いただけるよう工夫して展示しています

☆ 1階 第二展示室 ☆
 映像展示室は令和3年10月1日から第ニ展示室としてリニューアルオープンいたします。


☆ 2階 閲覧相談室 ☆
 当館が所蔵している京都の歴史に関する図書・史料の写真版を,閲覧していただくことができます(座席数:11席)。また,京都の歴史を学んでいただくために,京都の歴史に関する一般的な相談を行っています。
 資料を複写していただくこともできます。(有料複写サービス有)
  

○その他施設の御案内

  事務室(1階) 書籍の販売 等

    ※刊行図書の購入申込はこちらを御確認ください。

    ※車椅子を備えていますので,必要な方は,1階事務室までお申し出ください。

  洋式トイレは,1階にあります。また,2階へはエレベーターを御利用いただけます。

 

開館時間

    午前 9時~午後 5時

 ◎閲覧相談室(2階)の御利用は,午後4時30分までに受付をお済ませください。

  また,京都の歴史に関する御質問や,収蔵資料に関する閲覧・利用等の御相談等は,

 当資料館に直接お問い合わせください。なお,E-メールでの受付は行っておりませんので,

 まずは御来館またはお電話・FAXでお願いいたします。


 

入館料

    無料

休館日

    月曜日,祝休日,年末・年始( 12月 28日~ 1月4日)

    展示替期間等年3~4回の臨時休館

       ※令和2年3月・4月の臨時休館  4月7日~9日

    

歴史資料館にお越しの際は

    駐車場はございませんので,公共交通機関等を御利用ください。

      →→→   歴史資料館への交通アクセス

  

お問い合わせ先

京都市歴史資料館
  住所: 京都市上京区寺町通荒神口下る松蔭町138番地の1
  電話: 075-241-4312 ファックス: 075-241-4012

ページの先頭へ