京都市歴史資料館 歴史講座「岩倉具視にとっての米欧回覧」の開催について

広報資料

令和3年10月14日

文化市民局(歴史資料館 241-4312)

京都市歴史資料館 歴史講座「岩倉具視にとっての米欧回覧」の開催について

 京都市歴史資料館では,歴史資料をもとに京都を学ぶ歴史講座「岩倉具視にとっての米欧回覧」を,下記のとおり開催しますので,お知らせいたします。

※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,内容を変更する場合があります。

                                        記

1 日時   令和3年12月16日(木曜日) 午後2時~3時30分

2 会場   同志社 新島会館

        京都市上京区寺町通丸太町上る

3 主催   京都市

4 内容  岩倉具視は,明治政府がアメリカ・ヨーロッパ諸国に派遣した使節団の特命全権大使を務めました。使節団は日本が近代化に大きく立ち遅れていることを痛感して帰国します。帰国後,岩倉は鉄道の開業に熱心に取り組むとともに,衰退する能楽の庇護者としての役割を果たしました。いずれも米欧回覧の経験が大きく影響していました。講座では,米欧回覧における見聞がその後の岩倉の活動とどう関係していたかについて考えます。

5 講師    京都市歴史資料館 館員 松中 博

6 対象者   一般

7 定員    80名(申込者多数の場合は,抽選を行います。)

8 受講料   無料

9 参加申込み 11月5日(金曜日)から11月25日(木曜日)までに,電話,FAX,電子メール,いずれかの方法で,京都いつでもコール(京都市市政情報総合案内コールセンター)へお申込みください。申込の際には,「講座名,郵便番号,住所,氏名(ふりがな),電話番号」をお伝えください。後日,当否にかかわらず連絡ハガキを送付します。

 [京都いつでもコール] 

  電話番号   075-661-3755(みなここ)

  FAX番号    075-661-5855(ごようはここ)

  電子メール   https://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000012821.html

       (ホームページの送信フォームを御利用ください。)

  ※お電話の際はお掛け間違いに御注意ください。

10 問合せ先  京都市歴史資料館

                            電話番号075-241-4312,FAX番号075-241-4012

 

 (参考)

  特別展「岩倉使節団150年記念岩倉具視と米欧回覧」について

  期  間 令和3年12月10日(金曜日)~令和4年2月13日(日曜日)

  開催場所 京都市歴史資料館

 

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室歴史資料館

電話:075-241-4312

ファックス:075-241-4012

ページの先頭へ