「国際仮面アート絵画コンテスト」作品募集について

「国際仮面アート絵画コンテスト」作品募集-第18回世界歴史都市会議 青少年プログラム-

日本の仮面を題材にした絵画作品を募集します!

 

 令和4年11月に韓国の安東市で開催される第18回世界歴史都市会議の青少年プログラム「国際仮面アート絵画コンテスト」への応募作品を募集します。本コンテストは,歴史や伝統を未来へ受け継ぐ青少年が,自国の文化や世界に関心を向け,相互理解と文化交流を促進することを目的に実施されます。日本の仮面文化を題材にした個性豊かな絵画作品を多数お待ちしております。

                              記

1 作品テーマ 「独創的な日本の仮面文化」

 ※能や狂言等の伝統仮面,なまはげ,獅子舞等,日本特有の仮面文化を描いたもの

2 募集期限 令和4年9月15日

3 応募資格 7~15歳(京都市内に在住又は市内の学校に在籍)

4 作品規格

 サイズ:A3 又は 八切 ※作品の提出は画像データ(2,000ピクセル以上)
 画材:水彩,油絵,色鉛筆,版画等自由

5 応募方法 応募用紙と絵画のデータをメール送付 ※1人1点

  <送付先> 世界歴史都市連盟事務局(京都市総合企画局国際交流・共生推進室)[email protected]

6 表彰内容 大賞(1名) 優秀賞(3名) 特別賞(6名)

 各賞の発表は第18回世界歴史都市会議の閉会式で行われ,受賞者には後日,安東市から賞状と記念品が送られます。

7 作品展示

 応募作品のうち10点が京都市代表作品として安東市に提出され,世界の代表作品が会議の会場及び第18回世界歴史都市会議ウェブサイト外部サイトへリンクします上で展示されます。


作品イメージ


  

<参考> 

【世界歴史都市連盟】

 歴史都市が直面する課題の解決に向けた都市間ネットワークの構築のため,1994年に設立された自治体組織。2022年6月現在,125都市(65箇国)が加盟する。文化遺産の保護と再生に向けた取組施策の共有や交流の促進のため,原則2年に1度,世界歴史都市会議を開催している。設立以来,京都市が事務局と会長都市を務めてきた。
連盟公式ウェブサイト外部サイトへリンクします(英文)

【第18回世界歴史都市会議の概要】

⑴   開催期間:令和4年11月14日~16日
⑵   会  場:安東市国際コンベンションセンター(オンラインでも配信)
⑶   会議テーマ:コミュニティに根差した未来志向の歴史都市
⑷   安東市について:
「韓国の精神文化の首都」と称される歴史都市で,現代の人々の生活にも儒教文化が深く根付いている。朝鮮時代の儒学者,退渓李滉の出身地であることから,古くから教育機関としての書院や郷校が発達し,自然との調和の中で豊かな文化が育まれてきた。世界遺産の一つである民俗村,河回村が発祥の伝統仮面舞は世界でも名高く,安東市では毎年,国際仮面舞フェスティバルが盛大に開催されている。


左:安東伝統仮面舞,右:世界遺産 河回村

国際仮面アート絵画コンテスト

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局国際交流・共生推進室

電話:075-222-3072

ファックス:075-222-3055

ページの先頭へ