「交流会3.0 Vol.2」にて体験プログラム「Deathカフェ」を提供

 
 平成30年1月20日に開催された「交流会3.0 Vol.2 ~いつもと違う出会いのデザイン~」の中で,
20代〜30代前半の超宗派若手僧侶のグループ「ワカゾー」のみなさんが,デスカフェとして「弔辞を書く」体験プログラムを提供してくださいました。

以下,「Deathカフェ」facebookからの実施報告を転載いたします。
https://www.facebook.com/deathcafe.wakazo/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「ついさっき出会った人だけど、これまで大切にしてきたモノやコトを知ることができたし、知ってもらうことができた」

京都市のまちづくりのイベント「交流会3.0 vol.2 いつもと違う出会いのデザイン」京都市みんなごとのまちづくり推進事業交流会で、体験プログラムの一つとして、Deathカフェを開催しましたー!京都を中心に活動する様々な方とご一緒できたことは、とても良い経験となりました。

今回のプログラムは「弔辞」。二人一組になり、相互にインタビューをして弔辞を執筆。最後に、インタビューした相手に向けて弔辞を朗読。

死にゆく場面を想像しながら、これまでの人生を振りかえり、未来に眼差しを向ける。
あたたかな方々にお集まりいただき、終始愉快な時間となりましたー!

ページの先頭へ