インド式教育インターナショナルスクール「チャンドラ・セカール・アカデミー・インターナショナルスクール京都校」が開校

平成30年4月6日に,「チャンドラ・セカール・アカデミー・インターナショナルスクール京都校」が開校しました。

昨年度,クラウドファンディングで110名の支援者を集めて目標額を達成し,今月から新入生を迎えて学校がスタートします。平日にも関わらず,在大阪・神戸インド総領事館 総領事 T.アムストロング・チャングサン様,門川 大作 京都市長,支援者代表 京都市会議員 中村 三之助様などの来賓の方々をはじめ,クラウドファンディングの支援者も多く臨席され,和やかに開校記念式典が執り行われました。

式典の後には学校見学会も催され,参加者は新しい教科書やパソコンが設置された教室を見てまわり,インドのスナック「サモサ」やチャイ・お菓子を戴きながら,子供達と教員の新たな門出を祝いました。

 

京都が大好きで,京都国際観光大使でもある理事長のクンナ・ダッシュ氏は「学校教育は,学校だけで成し得るものではありません。保護者・地域の皆様,行政の知恵や力をあわせながら,インド文化だけでなく,日本文化,マナーを教え,日本の「志」をともに大切にする教育活動を行っていきたいと思っています」と仰っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ