2019/2/10(日),減災カフェ@菊浜学区が開催されました!

このたび,減災カフェ初の,地元地域と連携したイベントが開催されました!

【菊浜学区と一緒に取り組むことになったワケ】
今回連携した地域は,下京区の菊浜学区。
菊浜学区では,平成29年度より,災害が起こる前に,まちの危険箇所の整備や対策を行う「防災まちづくり」の取組を進めています。一方で,菊浜学区は,他地域同様,年々少子化が進み,高齢者を含む住民同士でも,助け合いながら災害時に避難を行う取組にも力を入れていました。

そこで,減災カフェとの連携により,“災害が起こった際でも,避難生活をできるだけ自力で行える”力を身に付けるべく「災害時を想定した,減災クッキング」の取組を行うことになりました。

 

 

 

当日の様子】
今回のメニューは,定番のカレーを基本に,サバ缶と高野豆腐のおかず,だし巻たまご,パンケーキも,サンプルで作ってみました。
実際にレシピどおりに作ってみると,「ルーは細かくしてからつぶしたほうがいい」「意外とおいしい」「普段でも時短レシピになって使えそう」など,さまざまな感想が飛び出し,実際にやってみることでわかるいろんな発見があったようです。

当日はクッキング以外にも,鳥本さんが被災地での経験から得た,「つながりの大切さ」「備えの重要性」などのお話や,家でできる備えとして「家具の転倒防止器具」の紹介を映像を交えて行うなど,充実の内容で会を終えました。

ページの先頭へ