「チャレンジ!!オープンガバナンス2017」 地域課題解決のアイデアを募集中!(10月7日に関連イベント実施!)

「チャレンジ!!オープンガバナンス」は,自治体が地域課題と関連データを提示し,それに対して市民の皆さん・学生の皆さんにデータ活用のうえ,自ら取り組んでいただくアイデアをまとめていただき,その一連のプロセスと成果が審査され,表彰されるコンテストです(主催:東京大学公共政策大学院)。

京都市においても,市民の皆さんによるデータの利活用や,市民の皆さんと京都市の協働を更に進めるため,今回,このコンテストに参加しています!

地域課題の解決に向けて,ぜひ皆様のアイデアをお寄せください。ご参加お待ちしています!

詳細やご応募はこちらから。(応募要件等を必ずご確認ください)

関連イベント

10月7日(土)に,ICTの力で地域課題の解決に取り組むコミュニティ「Code for Kyoto」の皆さんが,課題解決のアイデアを出し合うイベントを開催されます。ご興味のある方は,ぜひご参加を!

イベントの詳細・参加申込はこちらから。

京都市が提示している課題

▼まち全体で子ども・若者をはぐくむ社会の実現に向けて
▼空き家など,既存の建築資源を活用した「安心安全で持続可能なまちづくり」
▼オープンデータと自転車をはじめとした観光資源の融合による持続可能な観光・交通を目指して

アイデア募集の締め切り

平成29年12月20日(水)

ページの先頭へ