【参加者募集!】“みんなごと”のまちづくり推進事業「交流会」

昨年度に引き続き,“みんなごと”のまちづくり推進事業の提案者の方と地域でまちづくり活動を行っておられる方,また,提案者の方同士が広く交流する「交流会」を開催します。現在,参加者を募集していますので,ぜひお申込みください。

交流会の詳細&参加申込 ⇒ http://machigoto.org/2017/12/11/kouryukai3-2/

日 時

平成30年1月20日(土) 午後1時~午後5時
※ 正午開場,受付開始。

会 場

同志社大学今出川校地 良心館1階 RY104号室
(京都市上京区今出川通烏丸東入)

内 容

⑴ ゲストトーク及びトークセッション
活動の発展や新たな活動のきっかけとなる,出会いや繋がりが生まれる企画などについて,ゲストトーク及びトークセッションを通じて考えます。

【ゲスト】
① アサダワタル氏(文化活動家,アーティスト)
1979年大阪生まれ・東京在住。言葉と音楽を手がかりに,全国各地のコミュニティでヘンテコかつきわめて日常生活に近い表現活動を実践・文筆。『住み開き』(筑摩書房),『コミュニティ難民のススメ』(木楽舎),『表現のたね』(モクシュラ)など著書多数。サウンドプロジェクトSjQ/SjQ++ではドラム担当。大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員,博士(学術)。

② 中脇 健児氏(場とコトLAB代表)
1980年大阪生まれ。“その場にいる人とその場だからできるコトを考える”と“遊び心”をモットーに,アート,コミュニティプログラム,地場産業支援,教育,ワークショップなど活動は多岐に渡る。共著に『タウンマネージャー』『地域×クリエイティブ×仕事~淡路島発ローカルをデザインする~』(ともに学芸出版)。NPO法人ワークショップデザイナー推進機構西日本理事。NPO法人こととふラボ理事。京都造形芸術大学アートプロデュース学科,大阪芸術大学芸術計画学科,天理医療大学非常勤講師。

⑵ 人と人とが繋がるプログラムを体験
全国や京都で実施され,参加者同士の様々な繋がりが生まれている企画である,「当事者研究スゴロク」,「poRiffワークショップ」,「デスカフェ」,「サーキュレーションキョウト」,「コミュニティ・スペースsacula」,「MaManKYOTO」などのプログラムを,参加者に体験していただきます。

⑶ 参加者同士の交流タイム 等

定 員

150名(申込先着順,定員になり次第締め切らせていただきます。)

参加費

無料

申込方法

ホームページの申込フォーム,電話又はFAX(氏名,所属,連絡先,交流会への参加の動機を明記)で,「まちとしごと総合研究所」にお申込みください。
TEL:075-257-7871 FAX:075-257-7846

申込期限

平成30年1月19日(金)

その他

⑴ 小さなお子様がいるパパ・ママにも参加していただけるように,“託児”を御用意しています。御希望の方は,平成30年1月15日(月)までに,お子様のお名前・性別・年齢を添えて,まちとしごと総合研究所(office@machigoto.net)にお申し込みください。

⑵ 交流会にお越しの際は,市バス・地下鉄等公共交通機関を御利用ください。

⑶ 記者の方には,記者席を用意します。

ページの先頭へ