京都市の市民協働の軌跡

市民の皆様と共に作りあげてきた“京都のまち”更なる協働のステージへ!

京都が誇る自治の伝統,全国に先駆けた市民参加の推進

「自分たちのまちは自分たちでつくる」

京都には誇るべき自治の伝統があり,高い志と行動の輪が着実に広がっています。

京都市では平成15年に政令市初の「市民参加推進条例」を制定するなど,全国に先駆けて市民参加を市政運営の基本原則としてきました。

平成20年に始まった「京都市未来まちづくり100人委員会」は,未来の京都のまちづくりに向けて,自らが取り組むテーマを設定し,様々な観点から議論し,実践をするという挑戦的な取組で,全国的にも注目を浴びました。

 

未来まちづくり100人委員会から“みんなごと”のまちづくり推進事業へ

平成27年度まで続いたこの取組は,毎期100人を超える方々が参加され,現在も活躍するNPO法人やまちづくりに携わる多くの方々を輩出しました。加えて,各区で実施されている「まちづくりカフェ」に手法が引き継がれ,今も多くの方々のまちづくりへの参加につながっています。

平成28年には,市民の方々の自主的なまちづくり活動を「まちづくり・お宝バンク」に登録いただき,その取組を支援して実現につなげていく「“みんなごと”のまちづくり推進事業」を始めました。既に340件に上る取組が登録されるなど,大きな広がりと成果につながっています。

 

SDGsの実現や新たなまちづくりの創出に向けて

SDGsの実現や人口減少社会等に対応していくためには,異なった立場や分野の人々が課題を共有し,新たな行動を生み出していくこと(イノベーション),そして,そうした行動を持続可能に支援し合える関係(エコシステム)を築くことが必要だと考えています。

新たな行動を生み出すためには,異なる立場の人々が「対話」をし,その中で「気づき」を得ることが有効です。そのため,京都市では,対話を創出するスキルを身につけた市職員を育成しています。「市民協働ファシリテーター」と名付け,現在,約90名が活躍しています。同時に,異なる立場でまちづくりに取り組まれる方々が対話し,新たな行動が生み出される場づくり(クロスセクターKYOTO)にも取り組んでいます。

 

こうした場(プラットフォーム)づくりは民間でも始まっています(京都をつなげる30人等)。今後は,こうしたプラットフォーム同士が連携し,まちづくり活動を支援し合える関係(エコシステム)構築にも取り組みたいと考えており,多様で持続可能な京都を皆様とともに作ってまいります。

ページの先頭へ