ワークショップ「SDGsに取り組むと,京都がどうなりますのん?」参加者募集

皆さんはSDGsという言葉を聞いたことがありますか?

SDGs=Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)とは,気候変動,生物多様性,感染症,紛争などの地球規模の課題の解決に向けて,2015年の国連サミットで採択された,国際社会全体で達成すべき17の目標です。

(参考URL http://www.unic.or.jp/news_press/info/24453/

「何だか難しいな…」「私には関係ないかな…」と思われましたよね?

でも身近なところでは,例えば食べ残しを減らすこと。実はこれも立派なSDGsの取組なのです(ゴール12「持続可能な生産消費形態を確保する」)。

SDGs達成のためには市民の皆様にも「自分ごと」「みんなごと」として取り組んでいただく必要がありますが,説明するのが非常に難しい…。

そこで皆さんのお知恵をお借りすべく,ワークショップを開催します。

「SDGsとは例えばこんなことなんだよ」「取り組むことで京都はこんなふうに変わるんだよ」など,SDGsの内容や意義を分かりやすく伝えられるフレーズを一緒に考えていただける方を募集します!

 

開催日時:平成30年8月7日(火)午後1時~3時

場所:京都御池創生館 地下1階(柳馬場御池の北東角)

募集人数:8名

ファシリテーター:(株)フューチャーセッションズ 野村恭彦氏

備考:このワークショップは,京都市役所の職員研修の一環で行うもので,京都市職員約30名と一緒に参加していただきます。

申込:①お名前,②ご所属,③ご連絡先,④8月7日のワークショップ参加希望である旨を明記の上,daigaku-shiminsanka@city.kyoto.lg.jpにお申込みください。

申込期限:平成30年7月31日(火) 募集人数に達したので受付を閉め切りました。

ページの先頭へ